雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

危険な運転をする人-そんなに急いでどこに行くの?

投稿日:2014年11月8日 更新日:

よく走る道の交差点でも数台のクルマが直進レーンから左折していくのを見たが、オーバースピード気味に曲がっていくので横断歩道を渡っている人たちに突っ込むんじゃないかと心配になってしまう。混んでいる右左折専用のレーンを避けて直進レーンから外側をまくっていく。やや大きめの交差点でよく見かけるのが大外駆りだ。

空いているレーンから混んでいるレーンにムリヤリ合流しようとしたり、さらにそのクルマを反対車線にはみ出しながらパスしようとしたり、赤信号になった直後にかなり勢いよく交差点を通過していったりするのも、この手のタイプだと考えられる。

私の知り合いに、こういう運転をする人がいるので、理由を聞いてみたことがあった。彼が言うには、混んでるってことよりも、前のクルマがトロくさくてイライラするから大外駆りをするんだそうだ。単純に待つのがイヤだったり、急いでいてつい魔が差したり、という人もいるはずだ。もちろん、彼のような人ばかりではないだろうが。

車の買取査定を上げる色々なポイント

ウインカーを出さないままいきなり曲がる人

それほど大きくない交差点や路地では、ウインカーをぎりぎりまで出さなかったり、もっとひどいとまったくウインカーを出さないままいきなり曲がったりするクルマを見かけることがある。これは、大外駆りよりずっと怖い。バイクやスクーターを巻き込んでしまう可能性があるし、ウィンカーが出ていないと後続車は減速を予測できず追突しかねない。こういう人にかぎって、ちゃんとミラーを見ていないケースが多いから始末におえない。

普段は温厚でイライラすることがないような人でも、車に乗ると人が変わったように、スピードを出して走り、遅い車が前にいるとイライラしてあおったり、無理に追い抜こうとする人も多い。車に乗ると性格が180度変わってしまうのだ。だが、冷静に考えて欲しい。別に1分1秒を争うような用事でもない限り、それほどスピードを出さなくてはいけない理由はないはずだ。普段から安全運転を心がけよう。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

サンタフェガソリンモデルの価格はいくら?

現代自動車が北米市場で発売を控えた新型サンタフェの価格情報を公開した。韓国国内に存在しないサンタフェガソリンモデルの価格がいくらなのか? 北米の自動車専門メディアは2013年型5人乗り新型サンタフェス …

no image

カーステレオと一緒にスピーカーを変えたほうがいい理由

~変えるならスピーカーも一緒に変えよう~ 最近は前後の音量を調節できるステレオも多いので、自分好みの音空間ができあがるというわけだ。ウーハーと呼ばれる大型スピーカーをつけられれば、重低音の厚みも立体感 …

no image

スズキジムニーの評価-走破力、走行性能の高いオフロードSUV

スズキジムニーの評価-走破力、走行性能の高いオフロードSUV。 ジムニーは走破力、走行性能の高い軽だが、居住性は低く、リアシートにいたっては、補助席のようなものである。 明確な割り切りをしたことが、ジ …

no image

ベンツやBMWを日本人が見栄で乗っている傾向

日本人がベンツやBMWに見栄で乗っていることを示す象徴的なものがあります。排気量を示すエンブレムです。欧州にはエンジンの排気量を他人に見せながら走りたいというようなユーザーはほとんどいません。自分はベ …

no image

ワゴンRソリオの評価-1300ccエンジンを搭載して小型車に仕上げた

ライバルの登場によりもはや使命は終わったか?といわれるワゴンRソリオ。室内幅をワゴンRよりも拡大して居住性を向上させている。室内幅を拡大したものの、プラットフォームは軽自動車用。先代型のワゴンRをワイ …