雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

企業のホームページのコンテンツを整理してみよう

投稿日:2015年1月30日 更新日:

~企業コンテンツを整理してみる~

知りたいという欲求は、安心感を得たいという欲求の裏返しだと考えられます。会社の情報を的確に伝え、ユーザーに安心感を与えましょう。購入や申し込みを行うまえに、商品やサービスの提供者の顔を知りたい、どのような企業なのか、どんな経営者なのかを知りたい、といった欲求が強いことを示しているといえます。企業のウェブサイトのログ解析をしてみると、必ず企業概要や企業情報などが人気コンテンツの上位に存在しています。

企業情報を伝えるコンテンツは様々ですが、代表的なコンテンツを以下に列挙してみました。

「企業概要地図/沿革/CSR情報採用情報/IR情報/問い合わせ/企業理念/会社ロゴ/タグライン・ブランドメッセージ/プレスリリース/」

コンテンツの作成

あなたの会社について知りたいと思う多くの潜在層やステークホルダーに対し、ウェブサイトを通じて、会社の活動や魅力を効果的に伝達しましょう。ユーザーの信頼をいかに深めるかという視点をもとに、会社情報、商品やサービス、事例やユーザーレビューなどのコンテンツ施策について勉強しておきましょう。

・図表、写真、イラストを効果的に使う

デザインの処理などによって、使い勝手や分かりやすさは大きく変わります。デザインを評価するのは素人では難しいと諦めず、問題点を洗い出すことをお勧めします。イラストや写真をうまく活用し、ユーザーに考えさせずに情報を提示することを心がけましよう。そうすることで、自然とサイトに訪れるユーザーのアクセスは増えていくはずです。

情報のつかみやすいページにするために、図表や、写真、イラストなどをアイキャッチに利用することは有効な手段と言えます。じっくり読もうとするユーザーでないかぎり、一見しただけで情報をつかむことは難しいでしょう。そこでイラストや写真を加えると、視覚イメージから瞬時に情報を伝えることができるようになります。

インターネットで稼いでみたい方は、ポイントサイトを使った副業がおすすめ!現在私が一番お金を稼いでいるポイントサイト「げん玉(会員数500万人)」なら毎月5万円は稼げますよ!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

ドロップシッピングならリスクが少なく初心者にも始めやすい

たしかに、在庫を抱えて本格的にネットショップを経営するには、それなりの経営ノウハウやリスクが付き物です。しかし、投資する元手もいらずに、また在庫リスクを負わずにネットショップを運営できる方法があるので …

no image

商品説明の文章は現物をイメージできるものにする

現物をイメージできる商品の説明。商品の説明は、短く、わかりやすく、実物のイメージを正確に伝えることを心がけます。基本情報として、商品名、価格、サイズや容量、家電であれば、メーカー名、衣料品であれば色、 …

no image

サポートサービスを利用しているのだから売れないのはおかしい?

サポートサービスを利用しているのだから売れないのはおかしい、と思うのは間違いで、サポートサービスを主軸にして考えるのではなくて、あくまでも補ってもらう意味で利用したほうがいい。つまり、ショップの商品力 …

no image

ユーザビリティとデザインの関連性

~ユーザビリティとデザインの関連性~ ユーザビリティを高めるために検討すべきデザインの要素を中心に考えていきましょう。デザインは、ユーザーの知覚イメージに大きな影響を与えるとともに、ユーザビリティの効 …

no image

リピート客が続出するようなサービスを考えよう

パワーゲームになればなるほど、ショップはメンタルな面でのサービスを簡略化しなければならなくなる。しかも、ショップにしてみれば、これだけサービスをしているのだから次も買ってもらえるだろうと思ってしまう。 …