雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

企業のホームページのコンテンツを整理してみよう

投稿日:2015年1月30日 更新日:

~企業コンテンツを整理してみる~

知りたいという欲求は、安心感を得たいという欲求の裏返しだと考えられます。会社の情報を的確に伝え、ユーザーに安心感を与えましょう。購入や申し込みを行うまえに、商品やサービスの提供者の顔を知りたい、どのような企業なのか、どんな経営者なのかを知りたい、といった欲求が強いことを示しているといえます。企業のウェブサイトのログ解析をしてみると、必ず企業概要や企業情報などが人気コンテンツの上位に存在しています。

企業情報を伝えるコンテンツは様々ですが、代表的なコンテンツを以下に列挙してみました。

「企業概要地図/沿革/CSR情報採用情報/IR情報/問い合わせ/企業理念/会社ロゴ/タグライン・ブランドメッセージ/プレスリリース/」

コンテンツの作成

あなたの会社について知りたいと思う多くの潜在層やステークホルダーに対し、ウェブサイトを通じて、会社の活動や魅力を効果的に伝達しましょう。ユーザーの信頼をいかに深めるかという視点をもとに、会社情報、商品やサービス、事例やユーザーレビューなどのコンテンツ施策について勉強しておきましょう。

・図表、写真、イラストを効果的に使う

デザインの処理などによって、使い勝手や分かりやすさは大きく変わります。デザインを評価するのは素人では難しいと諦めず、問題点を洗い出すことをお勧めします。イラストや写真をうまく活用し、ユーザーに考えさせずに情報を提示することを心がけましよう。そうすることで、自然とサイトに訪れるユーザーのアクセスは増えていくはずです。

情報のつかみやすいページにするために、図表や、写真、イラストなどをアイキャッチに利用することは有効な手段と言えます。じっくり読もうとするユーザーでないかぎり、一見しただけで情報をつかむことは難しいでしょう。そこでイラストや写真を加えると、視覚イメージから瞬時に情報を伝えることができるようになります。

インターネットで稼いでみたい方は、ポイントサイトを使った副業がおすすめ!現在私が一番お金を稼いでいるポイントサイト「げん玉(会員数500万人)」なら毎月5万円は稼げますよ!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

商品発送メールの送信などについて

・商品発送メールの送信 顧客に商品が届いた日から2~3日後に、商品を購入していただいてありがとうございますという内容のメールを送ります。万が一商品が届いてない場合、メールを送ることで顧客から連絡がある …

no image

ドメイン名とは-様々な注意しなければいけない点

~ドメイン名のしくみ~ ドメインはいくつかの文字列がドット(.)で区切られています。このドットで区切られた最後の文字列をトップレベルドメイン(TLD)と呼びます。日本でいえば、jpの部分ですね。そして …

no image

タイトルタグやメタタグなどSEOで効果的な設定について

本文で使われているフォントよりも小さくすると、スパムとして判定されてしまう危険性がありますので気をつけましょう。記事テキスト作成の際に、hlタグをそのまま使うと、フォントのサイズが大きくなり、デザイン …

no image

ネットショップ運営中に必要な機能を紹介

~ネットショップ運営中に必要な機能~ ・問い合わせ履歴 メールを活用する手もありますが、履歴をデータベース化していると、管理も手軽にできるので、あると便利です。 ショップの問い合わせページや、商品ペー …

no image

特定商取引法に関する法律について

~特定商取引法に関する法律~ 特定商取引法は、あくまでも業者から個人への販売、いわゆるBtoCに対する法律です。業者間には適用されないので、覚えておきましょう。 従来の訪問販売法に比べて、幅の広い取引 …