雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

気取ったブティックでのショッピングにはある程度の洗練が必要

投稿日:

ファッションの店でショッピングする時は、こちらがどれだけお酒落かは関係ない。チェーンの小売店はサイズも豊富だし、店員も商品を手にとってみるよう勧めてくれる。格上のブティックでは、ハンギング・ラックに非の打ち所のない上等な服がまばらにかけられている場合が多い。こわごわ入ってきた一見客は、まるでガラス棚いっばいに磁器の人形が危なっかしい感じで置かれている店にいるような気分になってしまって、試着はおろか、怖くて服に触ることさえできない。

カッコよすぎる店員に腕まれたり、服が合わなかったり、自分のサイズが二八か三六かわからなくて恥をかいたり。気取ったブティックでのショッピングには、ある程度の洗練が必要だ。それは恐ろしいことだってある。ファッションの初心者中の初心者だって大歓迎だ。華やかなデザイナーの世界と無骨な感じの量販の世界が出会って、地元のモールでもハイ・スタイルを手に入れている気分に浸れるようになったのである。今では、ハイ・ファッションの世界に怖じ気づいた消費者も、分相応にそれを取り入れられる。

ハイ・ファッションとロー・ファッションが混在

キャットウォークをしているのは、ジェイムズ・キング、カロリーナ・クルコヴァといった有名なジェット・セッターのモデルたちだ。エクスプレスの店頭には、ファッション・ショーの写真を使った、ウィンドウ・サイズのポスターが貼られている。

ジゼル・プンチェンはドルチェ&ガッバーナの、そして、モールの常連ヴィクトリアズ・シークレットの、顔(と体)である。ヴォーグでは、スーパーモデルのカルメン・カースが六ページにわたるナイン・ウエストの広告に出ている。かと思えば、その二、三ページ先で今度は一二ページのファッション特集記事にご登場だ。チェーン・ストアはハイ・ファッションとロー・ファッションを合体させ、チープ・シックをさらに前面に押し出してきた。今ではほとんどのファッション誌に、ハイ・ファッションとロー・ファッションが混在している。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ジャケット選びでもっとも大切なのは着丈

ジャケット選びでもっとも大切なのは着丈。日本人の場合、一般的にはおしりが隠れる丈が全体のシルエットを美しく見せる。ジャケットにはいろいろな種類がある。代表的なのがテーラード。テーラードのジャケットの場 …

no image

服の買い物で失敗しないための実践的な方法

本気で買い物をするときには、前日の夜から自分を盛り立てることが重要。本気の買い物の日は、なるべく一日を自分のためだけに使えるよう調整します。翌日は、しっかり朝ごはんを食べ、きちんとお化粧をし、まず美容 …

no image

海外旅行の服装をおしゃれにキメるには

・リーフックスでさるとさにもおしゃれに気をつかう 行き先はもっばら海のあるリゾート地。いつもは黒の服が多い私も、リゾート地では、ちょっとはめを外します。 バカンスでは鮮やかな色にもチャレンジ毎年夏休み …

no image

子どもへのプレゼントで小さな私的なものを着せる

私たちは自分の子どもに他人の子どもへのプレゼントを買う時もそうだが、小さな私的なものを着せる。サイズが可愛ければお値段も可愛いというものでもない。モスキーノ・キッズやGAPキッズ、ベビーGAP、オール …

no image

美は苦痛と言うが、半ば冗談、半ば真実

目立ちたがりの私たちだが、その反面、周囲から浮かない本性。苦痛に満ちた、一見グロテスクな慣習でも、いちあいファッショナブルなものになってしまう。まさに纏足がいい例だった。伝説では、宮廷内で、ある王子の …