雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

結露を防ぐ方法-汚れと結び付いてカビの原因に

投稿日:

結露を放置すると、汚れと結び付いてカビの原因になります。結露を防止するには、市販されている窓ガラス用の断熱シートや、結露防止透明フィルムを張って、窓の断熱効果を高める工夫をします。これらは結露を防ぐとともに、部屋の温度を外に逃がさず、冷暖房効率も高めます。梅雨の時期や冬季など窓ガラスに水滝が付くことがあります。これが結露です。暖められて水分を多くふくんだ空気が、冷たい外気と接している窓ガラスなどにふれて急激に冷やされ、水満に変わる現象です。

押し入れなど、通気が悪く湿気がたまりやすいところにも結露は起こるので注意しましょう。発生した結露を取ることも大切です。結露防止テープを窓の下に張っておくと、水満を吸収して蒸発させます。窓ばかりてなく、トイレのロータンクや排水管などにも使えます。1年ぐらいで取り替えますが、汚れが目につくようになったら、その分効果も落ちますので早めに交換しましょう。また、水満を取るための専用ワイパーもあります。

ガラスをふく手順

まずは窓枠から始めます。ガラス部分は、掃除の途中汚れることもあるので、一番最後にします。洗剤はサッシ枠の下の方からスプレーし、すぐ乾いた布などでふいていきます。汚れを落とした後は水ぶきし、ゴム部分の汚れがひどいようなら、古歯ブラシでこすり取ります。次はレールです。レールの汚れやゴミを、割りばしてこそぎ取ります。

ガラスをふくにも手順があります。まず、ガラス用洗剤を×の形にスプレーし、よく絞ったぬれタオルで、洗剤を伸ばすように周囲から中央へふいていきます。この後ワイパー式のゴムべラで水気を取ると、きれいに仕上がります。サッシを掃除するときは、ガラスだけなく全体に目をくばりましょう。残った汚れなどは、湿らせたボロ布をレールに押し込み、割りばしですべらせてふき取りましょう。掃除のとき、サッシをレールから外して作業すると、窓と窓が重なる部分もきれいに掃除できます。サッシの窓枠やレールは目立ちませんが、意外と汚れがたまっているものです。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

塗料が液だれしないスマイル

ペンキ塗装の場合、汚れが目立ってきたという声を聞きます。色はほとんどが白系なので、なおのこと汚れが気になってしまいます。汚れを取り、きれいにするには、新しく塗り替えるのですが、おもしろい塗料が登場しま …

no image

物の分類や分別を行う

不要だからといって、すべてゴミというわけでもありません。始末にも、いろいろな方法が考えられます。口人に譲るこれはもっとも簡単な方法です。ただし、人が不要品を引き取ってくれるかどうかには、疑問もあります …

no image

タイル、浴室などの日常の手入れ方法

浴室・タイルなどの日常の手入れ方法を紹介します。浴室に窓がなく入浴後湯気がこもる場合は、シャワーで冷たい水を浴室全体にかけておくとよいでしょう。壁のタイルは、浴室用洗剤をスポンジに付けでふき取ります。 …

no image

不要になりそうな靴の見分け方

乾燥させたり磨いたりして手入れを怠っていなくても、いずれ廃品となる日がやってくる。見た目にはわからなくても、足の汗を吸ったり、道路のホコリなどにまみれて、靴は想像以上に疲れているもの。その見分け方は、 …

no image

時間割収納の極意でスッキリ片付く

・時間帯別収納でスッキリ リビングというのは、家族全員が集まるところ。といっても、じっさいに一日のうちで家族全員がリビングに揃う時間というのは、ほんの少しのあいだだけかもしれない。そこで、収納も時間帯 …