雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

結露を防ぐ方法-汚れと結び付いてカビの原因に

投稿日:

結露を放置すると、汚れと結び付いてカビの原因になります。結露を防止するには、市販されている窓ガラス用の断熱シートや、結露防止透明フィルムを張って、窓の断熱効果を高める工夫をします。これらは結露を防ぐとともに、部屋の温度を外に逃がさず、冷暖房効率も高めます。梅雨の時期や冬季など窓ガラスに水滝が付くことがあります。これが結露です。暖められて水分を多くふくんだ空気が、冷たい外気と接している窓ガラスなどにふれて急激に冷やされ、水満に変わる現象です。

押し入れなど、通気が悪く湿気がたまりやすいところにも結露は起こるので注意しましょう。発生した結露を取ることも大切です。結露防止テープを窓の下に張っておくと、水満を吸収して蒸発させます。窓ばかりてなく、トイレのロータンクや排水管などにも使えます。1年ぐらいで取り替えますが、汚れが目につくようになったら、その分効果も落ちますので早めに交換しましょう。また、水満を取るための専用ワイパーもあります。

ガラスをふく手順

まずは窓枠から始めます。ガラス部分は、掃除の途中汚れることもあるので、一番最後にします。洗剤はサッシ枠の下の方からスプレーし、すぐ乾いた布などでふいていきます。汚れを落とした後は水ぶきし、ゴム部分の汚れがひどいようなら、古歯ブラシでこすり取ります。次はレールです。レールの汚れやゴミを、割りばしてこそぎ取ります。

ガラスをふくにも手順があります。まず、ガラス用洗剤を×の形にスプレーし、よく絞ったぬれタオルで、洗剤を伸ばすように周囲から中央へふいていきます。この後ワイパー式のゴムべラで水気を取ると、きれいに仕上がります。サッシを掃除するときは、ガラスだけなく全体に目をくばりましょう。残った汚れなどは、湿らせたボロ布をレールに押し込み、割りばしですべらせてふき取りましょう。掃除のとき、サッシをレールから外して作業すると、窓と窓が重なる部分もきれいに掃除できます。サッシの窓枠やレールは目立ちませんが、意外と汚れがたまっているものです。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

封筒と便箋を分けて保存する

・封筒と便箋を分けて保存する 困るのは封書だ。サイズもバラバラで、たいていは箱に詰めて、どこか奥のほうにしまい込む。しかし、結局しまい込んだままになりがちで、これではダメだ。もらった郵便物のうち、はが …

no image

敷居の段差解消DIY術を紹介

・段差用マットも市販されている 思わぬ事故を未然に防ぐためにも、敷居の段差はなくしておきましょう。ちょっとした敷居の段差でも、子どもやお年寄りにとってはつまづいて危険なことがあります。最も簡単なのは製 …

no image

家族のくつろぎ空間は何畳が理想?

人生の節目節目に、これまでのライフスタイルを振り返り、これから先の暮らし方をもう一度考え直してみる。そして目的の暮らしを続けるために、最大限の努力をする。この作業が、自分らしい暮らし方を維持していく際 …

no image

ドア錠の交換手順や購入のポイント

・ドア錠の取り外しと取り付けの手願 ドア錠をレバーハンドルなど新しいものに交換するときや、ノブのがたつきを直すときは、ドア錠を取り外すことが必要になります。取り替えは前の錠と同タイプの錠を選ぶと簡単で …

no image

プラスター壁は掃除するより思い切って塗り替えよう

汚れの目立つプラスター壁や塗装皮膜のはがれてきた壁は、思い切って塗り替えてみましょう。部屋全体を塗り替えると雰囲気はがらっと変わります。欧米ではペンキ塗りのテクニックも豊富で、スポンジを使って重ね塗り …