雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

優しさに研修医が涙したある話

投稿日:2015年4月22日 更新日:

外科研修医1年生のE君。下宿に帰っても金がない。週に4日は当直。給料はなんと普通の会社の新入社員の半分以下。卒後研修1、2年生のレベルでは、以前のインターン制と同じく悲惨な生活が待っている。国家試験合格後は、大学病院の医局または関連病院で実地を叩き込まれるわけだが、一人前にお金を稼げるのは他の病院に出向してから。国家試験に受かったからといって、すぐに医者として扱われるわけではない。

これが人もうらやむ花形職業か?立ちっばなし走りっばなしで、食事をとるヒマもない。外来診察、病棟巡回、手術の立ち会い、術後のケア。ないないづくしの毎日だ。当直明けのある日、ナースセンターを通ったとき、E君はこんな言葉を聞いた。1、2年生など、ベテラン看護師にとっては赤ん坊同然。1年生なんて、寝かせないでいいのよ。まぎれもなく、勤続B年の婦長の声。センセイ、センセイ、と口ではていねい語を使っているが、実はハナからバカにしてるんだ。クソ~、ヒドイこと言うなあもうろうとした頭が反応する。そうこうするうちに、診察時間になった。

マブタもだんだん下がっていく

血圧計の動きにつられてマブタもだんだん下がっていく。上の血圧120の音は聞こえるのに、下の血圧が読み取れない。頭の中で上の血圧音がプッと聞こえたかと思うと、スーと意識が遠のいていく。E君は、患者の血圧を測ろうとするが、何度やってもうまくいかない。どうやら彼の疲労はピークに達したようである。とうとうE君はその場で熟睡してしまった。寝かせといてあげなさいと、さっきの婦長の声がする。

はっと気がついたときにはすでに、E君は診察室のベッドの上にいた。後から婦長に聞いたところによれば、これは異例の措置だそうだ。血圧計から診察ベッドへ、というパターンは初めてだそうだ。なかにはCTスキャナの中で寝ていたのもいるらしい。ふつう研修医は、待合室のソファかレントゲン室のベッドで寝る。婦長の思わぬ優しさに涙したE君であった。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医学部が地域枠を増やした背景

入学試験というのは、とくに日本の場合、平等な制度である。試験の点数によって合否を決めて、情実が入らない。すると学力の高い県では合格者が多数出るし、低い県では少なくなってしまう。学力が高い都道府県という …

no image

古代ローマのソラリウムという日光浴場

古代ギリシャでは、日光セラピーを神経痛や皮膚病治療に応用していたといわれています。太陽光の力、実ははるか古代より生かされてきたのです。 太陽光には紫外線の殺菌力、ミトコンドリア活性による自家発電の力が …

no image

製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうことがあるという。こんなに大事にされていいのかとウブにも思ってしまう。やっぱり、医者って優遇されている。 プレゼント責めにあうなんて、 …

no image

東大理科Ⅲ類は受からない?

医学部受験生、とくにできる医学部受験生にとって東大の理科Ⅲ類は憧れの的だろう。ドラゴン桜(講談社)では、受かるのは宇宙人のように言われたが、現実にはどうなのか?宇宙人ということはないし、緑鐵受験指導ゼ …

no image

日本の医療制度の問題点について

医学の最先端の研究の重要性は論を待たないところです。しかし、現在では臓器別医学の限界、来るべき高齢化社会への対応など医療社会学的問題が山積みです。医学部の名簿をみると、約一〇〇人のうち文科系的要素の強 …