雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

研修医不足と無責任な話

投稿日:2015年7月31日 更新日:

研修医不足と無責任な話。
本来、研修医については、基準として、研修医二・五人について一人の指導医がつく。そして研修医というのは、まだ医者の卵で半人前である。指導医がちゃんと指導しているなら、研修医が来なければ指導医は暇になるはずである。

人手不足になったので、大学病院が派遣先の地方の病院から医者を引き揚げるというのは無責任な話。まず研修医がいなくなると人手不足になるというのがおかしな話だ。

まともな経験のある指導医なら、研修医二・五人分くらいの仕事はラクにこなせるはずだ。研修医がこなくなって人手不足で病棟運営ができないというのは、実は指導医がまじめに指導をして来なかった証拠とも言えるのだ。実際、大学病院で研修すると思い知らされることだが、指導医というのは、ろくに病棟にいないという。

満足しない人のほうが多いということを

全国医学部長病院長会議では、八割の大学病院が人手不足なので臨床研修制度を廃止してくれと言っているそうだが、逆に言うと八割の大学病院がまともな研修をしていないとも言えるのだ。実際、一四年度から始まった臨床研修制度が終わって一年目に厚生労働省がとったアンケートでは、大学病院で研修した人のうち、満足と答えた人は三四・七%、不満と答えた人は四三・四%で、満足しない人のほうが多いということは、きちんと受け止めるべきだ。

わからないことがあったり、患者さんの具合が悪くなると、電話をしたら来てくれるというのが関の山だ。一日に一回くらいは教えに来てくれるがマンツーマンの指導とは程遠く、ほとんど実験室にこもっているというのが主流だ。

もう一つ無責任なのは、いったんその病院に雇われた医者を返せということだ。実は、たとえば派遣先の病院がどこかの市立病院だった場合、その医者は大学を辞職して、その市に雇われた公務員の形になっている。それを勝手に辞めさせるのである。で、戻った大学病院のほうは、実はポストが用意されていないのである。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

古代ローマのソラリウムという日光浴場

古代ギリシャでは、日光セラピーを神経痛や皮膚病治療に応用していたといわれています。太陽光の力、実ははるか古代より生かされてきたのです。 太陽光には紫外線の殺菌力、ミトコンドリア活性による自家発電の力が …

no image

医療コンサルティングの助けを借りれば最高の転職先が見つかる!

医者が転職先を探す場合、ツテを頼りに探す場合が多いようです。ただ、頼るツテがない場合には、自分の力で探さないといけなくなります。 かたっぱしから病院のホームページを見て募集を書けてないか調べ、求人誌を …

no image

医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。やはり女性は、ワイドショー的なゴシップが大好きなのでしょう。患者さんに、〇〇先生って愛人いるんでしょ?と、質問されることがときどき …

no image

健康のために毎日運動をしよう

健康のために、1日5千歩のウォーキングなどの運動を始めてみてはどうでしょうか?どんな形でもいいので、5千歩歩いてみましょう。 まとめてではなくても、1日トータルで5千歩を目指しましょう。通勤の際にひと …

no image

看護婦と医者の関係-外科はほかの科と違ってかなり密接

ベテランの看護婦に嫌われたら、医者としての生命は終わりだ。そっぽを向かれたら、医者なんて羽をもがれた鳥と同じで何もできない。医者と看護婦は仲よくやっていかなければダメで、そのことは医学部の学生だった頃 …