雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬種別の気性や知能についてとなると良くみせかけようとする傾向

投稿日:

犬の種類に関する本には、ブルドッグは慢性の呼吸器疾患を抱えがちであること、ダルメシアンは何代か続くと先天的に耳の聞こえない子犬が生まれる傾向があること、ダックスフンドは脊髄障害が出やすいこと、あるいは多くの受賞歴をもつ小型のチワワは膝や腰に障害がある場合が多いこと、などは指摘されていない。専門とする犬種の水準を保つ面ではたしかに実績をあげているが、自分たちの犬について否定的な面には一切口を閉ざしてしまう。

犬の種類に関する本で最も欠陥があらわになるのは、犬種それぞれの知能程度に触れた部分である。このたぐいの本に登場する少なくとも九割の犬が、知能は高いと書かれている。しかし、知能についてちがう捉え方をしているなら別だが、その内容はほめすぎと言えるだろう。ある犬種では、それが犬を評価する基準のひとつにまでなっている。

犬種別の気性や知能についてとなると

犬種別の気性や知能についてとなると、これらの本は事実をゆがめ、良くみせかけようとする傾向が一般的である。というわけで、犬の種類に関する本は、パセンジーは挑発も受けないのに不意に唆みつく癖がある、秋田犬は小さい頃から一緒に育てないと、まわりの子どもには非常に危険なことが多い、あるいはグレーハウンドは人間に対しては素晴らしく優しいのに、猫やほかの犬に対しては殺し屋になりかねない、などといったことは教えてくれない。

巣穴にいるキツネやカワウソを捕まえようと、喜んで地面にもぐる(つまり、穴にもぐり込む)犬を想像してほしい。キツネはこのテリアとほぼ同じぐらいの体重と体型をしているが、カワウソは三倍も重い。そこで示される勇気に人は感動するのだろうが、同時にもっと利口な犬ならそうはするまい、と考えるのではなかろうか。このカワウソが僕にわるさをしたわけじゃなし。手は出さないでおこう。こいつはちょっと危険すぎる。利口な犬なら(これはあくまで比喩だが)こう言うだろう。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

ハムスターのストレス解消方法

・散歩は絶好のストレス解消法 散歩はただ運動になるだけでなく、ドワハムの好奇心を満たす知的冒険という大切な側面も持っています。ドワハムは運動が大好きなハムなのです。それが、1日中狭いケージの中に入れっ …

no image

犬の様々な病気のサイン

犬はよく吐くので元気で異常がなければ心配ないが、繰り返し吐く場合は要注意。胃内異物、胃腸疾患、感染症の初期、中毒などが疑われる。吐いたものを持って病院へ行きましょう。 食べ過ぎや消化不良をはじめ、食中 …

no image

ハムスターに与えると危険な食べ物

ハムスターに与えてはいけない食品があります。トマトの葉と茎、ジャガイモの葉と芽と緑化した皮は、ソラニンという中毒物質を含んでいます。リンゴ、プラム、桃、サクランボ、ウメ、ビワの種にはシアン化合物を生成 …

no image

犬にとってよい飼い主とはリーダシップがとれる人

コーキーのように賢い大は、いいことも悪いこともよく覚えます。飼い主はしつけや訓練を根気よく、メリハリをきかせてできる人でなければなりません。次に、犬に対して時間をさくことを借 ません。特にコーギーは、 …

no image

かなりむずかしい犬の解決能力のテスト

・かなりむずかしい問題解決能力のテスト まず、大きなボール紙を用意する。犬が跳び越えようという気にならないほど、背の高いものでなくてはいけない。このテストには少しばかり前もって準備が必要である。真ん中 …