雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬種によって知能に大きな差がある

投稿日:

どんな犬の専門家に訳ねても、犬種によって知能に大きな差があるという。そして、たとえばこれこれの犬種は優れ、これこれの犬種は知能に限界があると熱弁をふるうだろう。そして彼らの評価は作業・服従知能、にもとづいていることが多い。この場合、知能、という言葉は訓練性能、の意味で使われている。特定の犬種をほめちぎってやまない者もいる。

専門の犬の訓練士モートン・ウイルソンは、ドーベルマン・ビンシャーについて、次のように述べている。ドーベルマンはすべてヶアインシユタイン、と呼んでもいいだろう。いや、それはほめすぎかもしれない。彼らは数学はやや苦手だが、それ以外のどんな分野でも博士号は確実だ。作家のドナルド・マケィグはボーダー・コリーの利口で敏排なことは、うす気味わるいほどだと書いている。新聞記者のピーター・ジェニングズは、マラミュートについて、彼らの頭は河原の石ころのように硬いと書き、マイケル・フォックスはアイリッシュ・セターを引き綱の先で迷子になるほど、頭が弱いとしている。

まったくさんざんな評価もある

専門家の多くは、犬はいずれも特殊な本能的知能をそなえ、おかげで人間の役に立つ存在となったとしながらも、犬種によってはいかにも鈍くて強情で、遺伝的にプログラムされたこと以外は教えこめない種類もあるのを認めている。まったくさんざんな評価もある。作家E・B・ホワイトのダックスフンドに関する描写がその例である。ダックスフンドにいちばん簡単なことを教えこむより、シマウマに曲芸を教えるほうがまだやさしい。

いつか機会があったら、私はダックスフンドの性格と気性について書いてみたい。なぜこの犬が訓練を受けつけず、訓練などすべきではないかという内容の本、というより警告を書きたい。これらの言葉の裏には、犬種によって訓練しやすいものと、まったく不向きなものとがある、という共通した見方がある。はたして犬の種類によって、その作業や服従の知能にそれほどちがいがあるものだろうか。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

人も犬も医食同源を経営理念にしたショップ

「人も犬も医食同源」を経営理念に、犬の手作りフードを専門に販売している店があります。同店は現在、九種類の手作りフードを調理、販売しています。いずれも次の調理基準によっています。厳選した自然食材食肉は飼 …

no image

最高に創造的で非暴力的な方法のひとつ

動物たちの受難の時代不幸なことに、デカルトが動物にそなわった知能、理性、意識を否定したとき、その問題は科学や知識の範囲にとどまらなかった。高次の知的能力を否定することによって、デカルトは動物に知覚や感 …

no image

犬のどこかに知的な可能性が潜んでいる

心理的レベルでラッシーのはたした役割は大きい。私たちはこの犬(そして、そこから敷行されるすべての大)が考え、計画を立て、思いやりをもち、痛みを感じ、悲しみや喜びの感情をもち、複雑な要素を記憶し、仕返し …

no image

ボクサー犬の雑種はおかしな癖をいくつももっていた

ある家族の話。彼女はボクサー犬の雑種で、体型がやや小さすぎ、顎の発達具合もあまりボクサー風とはいえなかった。ペニーには非常に魅力があったが、おかしな癖もいくつかもっていた。そのきわめつけのひとつがパー …

no image

訓練は早ければ早いほど犬にとってプラスになることが多い

初期の学習段階で大事なのは、人間の主人が発する声の響きに必ず意味が含まれているのを、犬が学ぶことである。その言葉は、ときには次に起こることを知らせるものだったり、ときには解決すればほめられたり、おいし …