雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

検索需要からユーザーの二ーズやウォンツを探る

投稿日:2015年1月19日 更新日:

~検索需要からユーザーの二ーズやウォンツを探る~

検索エンジンにおいてユーザーが検索したデータを数値化(定量化)するツールです。Google AdWordsキーワードツールなどのツールを使えば、自身のビジネスのターゲットが、どのような興味や関心があるのかを知ることができます。これらのニーズやウォンツを確認できれば、コンテンツなどを考える際の大きなヒントにつながります。

的確にユーザーのニーズやウォンツをつかむことはとても難しいことですが、これらのニーズやウオンツを数値化するツールがあります。また、不満を表すキーワードも含まれている可能性があり、不満をもつユーザーの理解にも役立つことになります。

例えば英会話スクールの場合で考えてみましょう。不満の大きいところは価格が高いという声が代表的ですが、一括払いやローン払いなど多額なレッスン料と支払方法に対して不安感を感じている場合もありますし、人数が多すぎて話す機会が少ないという不満もあります。あなたのビジネスがこのような不満を解消できるのであれば、大きなビジネスチャンスにつながりますので、サイト内で強くアピールすることをお勧めします。

不満を感じているユーザーには強い感情がある

ユーザーのニーズを考えるなかでも、常日頃から不満を感じているユーザーには強い感情があります。この強い感情、フラストレーションをあなたのビジネスで解消できれば大きなビジネスチャンスにつながります。それらの不満をあなたのビジネスが解消できるかどうかを確認します。常日頃からユーザーの不満がどこにあるのか、顧客アンケートや一般公開されている顧客意識調査にも目を配るようにするとよいでしょう。

競合他社に先行してこれらのコンテンツを用意できれば、大きなビジネスチャンスにつながる可能性があります。ユーザーを理解するうえでも、貴重なデータをうまくビジネスに活用することをお勧めします。

ユーザーが英語に関して、どのような関心や欲求を強く持っているかをつかむことができます。英語通訳や基礎英語、英語手紙など一般的なワードが多いのは想像のとおりですが、英語名言や英語自己紹介ことわざ英語など、想像していなかったキーワードの検索が多いことに気がつく場合もあります。

インターネットで稼いでみたい方は、ポイントサイトを使った副業がおすすめ!現在私が一番お金を稼いでいるポイントサイト「げん玉(会員数500万人)」なら毎月5万円は稼げますよ!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

ネットショップは3ヶ月は売れないと覚悟を決める

あるショップ経営者の方が次のような質問をしていたことがある。商売というものは、商品を売ることが目的なので、経営者の個性や人格よりも商品でサービスしたほうが効率がいいのではないか?と。たしかに、大量販売 …

no image

ネットショップでメールは生命線-返信は素早くしよう

メールを受け取ったときにショップがまず行なうべきことは、迅速な返信だ。問い合わせをして3日たっても返事がないならば、電話のほうがいいということになる。これでサービスには自信があるというのは論外だし、メ …

no image

商品情報ページを作成する際に知っておきたいこと

コンテンツを決める際には、まず次のように大きく3つの区分に分けて考えるといい。 ・商品に関連する付加的情報のページ。 ・商品の基本情報や販売に関するページ。 ・ショップの基礎情報や店主の人格を表現する …

no image

商品購入の決め手-構成をちぐはぐにしないこと

アクセスしていただいたお客さまが商品を購入したいと思えるよう、ショッピング環境を整える必要もあります。このとき店のコンセプトがあいまいだと、商品やページの構成においてちぐはぐな印象を与えてしまい、再訪 …

no image

ネットショップの業務内容やオープン前に必要なこと

・ネットショップの運営業務 ここでは運営上必要な業務内容について確認しましょう。ネットショップを運営するといっても具体的にどのような業務があるのでしょうか。ショップ開業前はできるだけ多くのネットショッ …