雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

研究論文というのは大きな隠れ蓑になってしまう

投稿日:2014年11月19日 更新日:

まさに研究というのは大きな隠れ蓑になってしまう。肩書きが上がるほど、原著論文と呼ばれる純粋な研究論文は少なくなるようだ。研究論文と称しても、医学系の商業誌、医学実用書、さらには科学雑誌なども含まれてくる。とにかく現状では研究をやることが中心だが、そのなかには机に向かい論文を書くこと、図書館に行き文献を調べること、製薬会社から頼まれたパンフレットの原稿を書くことまでが、研究という作業に含まれてしまうようだ。

その辺の区別を明確にすることは難しい。研究熱心な医者が就業時間内にしていることにはいろいろある。基本的には、就業時間内にどんな雑誌に掲載する原稿であっても、書いていること自体は注意されることはなく、むしろ有名医学商業誌から原稿依頼がくれば誇らしげに同僚に見せたりするものだそうだ。国立大学のある教授は、そういった商業雑誌に製薬会社からもらった金で旅行をし、エッセイを書いていたことが問題にされた。

三十五歳になった内科医が迎える最初の分岐点

研究至上主義の大学病院では、研究をしていること、論文を書いていることがすべての中心であり、それ以外はすべて二次的な問題として扱われるようだ。研究機関であるゆえに、それは仕方のないことと考えるか、もっとバランスよく臨床も研究もやるべきであると考えるか、意見の分かれるところである。

病棟へは早朝など自分のあいた時間に顔を出す程度で、あとは教授回診、病棟カンファランスといったところには参加するが、毎朝入院患者の顔を見るということはなくなる。入院をしている患者にしてみれば、なかなか姿を現すことがない研修医を指導している医者は、いったいなにをしているのか、疑問に思うこともあるかもしれない。

大学病院にいる内科系の医者では、三十五歳くらいを過ぎてくると、後輩の指導はするものの、病棟での受持医からは外され、やや患者から離れた視点で見るようになる。同時に研究主体の生活になり、病院にいる時間のほとんどは、医局で研究に費やされる。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

タレント教授で生き残る大学病院のやり方

自分の大学病院の情報を外に発信することが、社会的にも、自分の大学病院にとっても重要であり、社会的にも、自分の大学病院にとっても重要であり、社会的要求であると理解できるようになるには、まだまだ時間がかか …

no image

学会研究会などをあまりにも作りすぎてしまった余波とその問題

自由に研究できるということを利用して、あまりにも学会や研究会を作りすぎてしまった。そのために会場費が無駄になり、学会に出席するための交通費、宿泊費など、内需拡大には意味があろうが、医者への金銭的な負担 …

no image

医療安全情報などを得るためにはどうすればいいのか?

日本では一部の病院で疾病別定額払い制度が試験的に実施されています。定額払いだと、よく耳にする薬漬け医療や不必要な検査もおこなわれなくなるでしょう。これが合理的なようだったら、すべての病院でこの定額払い …

no image

がんの手術療法の中で食道がんの手術は最も手術関連死の頻度が高い疾患

現在のがんの手術療法の中で食道がんの手術は最も手術関連死の頻度が高い疾患である。食道がんの治療は日本では一般的に外科治療が優先されている。 がん治療では個別の治療法の巧い下手ばかりでなく、医者との出会 …

no image

医師会の力は昔よりは弱まったとはいえとにかく絶大

政治にも絶大な力を誇ると言われている医師会。医師会の力は昔よりは弱まったとはいえ、とにかく絶大だ。政治に直接圧力をかけられる民間の団体は少ないが、医師会はその一つであるようだ。 選挙で力を発揮するから …