雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

研究、教育、診療の3つをうまくやっていくことは不可能という意見

投稿日:2014年11月19日 更新日:

学会発表の内容は学会レベルではチェックするが、第三者機関でチェックするようなことはない。同じような学会で発表した内容でも、誰もとがめることはない。専門分野が同じであれば、同じような学会に同席している可能性があり、同じことを発表しているとわかっていても黙っているのが礼儀のようになっているようだ。

大学病院では患者が新薬や新しい手術を受ける、いわば実験台になっても仕方がないという意見もあるようだ。しかし、それにしてはいまの大学病院に入院する際、ここは医学研究施設も兼ねていて、新しい治療を行なう可能性があると、きちんとした説明がなさすぎる。患者側にとってみれば、それが恐怖でもある。実際には大学病院によって、臨床を重視しているのか、研究中心なのかそれが見えない。

私立医大では、大学入試用のパンフレットを見れば、よい臨床医を作るというのが大学の信条になっているところが多い。それなのに診療体制はあくまでも研究優先になっていることは間違いない。その証拠には、学会で外来を休みにするということが平然と行なわれているからである。

研究、教育、診療のすべてをうまくやることは限界

もはや大学病院の医者が研究、教育、診療のすべてをうまくやることは限界である。いまだにその三つをできてこそ大学病院の医者という評価がされがちだが、それはその医局の主任教授が実際の臨床にいた時代の一昔前の考えであり、大学病院の医者の負担を軽くするためにも、この三つを分割して負担すべきではないだろうかという意見がある。

つまり医学研究横関は別の組織にし、そこで研究を専門にさせ、大学病院では臨床を中心にし、医学教育は互いに受け持っていくべきではないかということだ。大学病院の研究至上主義は、数多くの学会を作り出した。誰でも研究や発表ができることは、平等ということではいいのかもしれない。しかし、そのために研究内容のチェックが甘くなってしまう。

学会開催側は運営を楽にするために、少しでも参加者を増やそうと必死になる。だから、発表内容のチェックがどうしても甘くなる。学会発表応募の数が非常に多い循環器学会のようなところでは、発表内容がセレクトされるが、参加人数の少ない学会では、よほどの内容でない限り、学会発表が採択されないということはなく、結局、ほとんどが発表できてしまうらしい。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

産婦人科はお産が減り収入が減ってるのに夜中でも待ったなし

産婦人科はお産が減り収入が減ってるのに夜中でも待ったなし。 昔から、お産にしても一定の割合で妊婦の方が亡くなっていたし、どんな医療先進国でもそれはゼロにはならない。妊産婦の死亡率や乳児の死亡率の低さに …

no image

医療ミスの事例は多いが隠蔽しようとするものもいる

医者は、警察官や自衛官、教員などと同じで、いったん反社会的な行為をしたら、その人の信用は一気にゼロになってしまいます。とくに医療は、どこからどこまでがミスで、どこからが避けられなかった不可抗力なのか、 …

no image

医師が患者さんを診察するときに困ること

医師が患者さんを診察するときに困ることがよくあるようです。診察の中でも、胸の診察で困るのがスリップやボディスーツなど、上下がつながっている代物のようです。 腹部の診察でときに感じることは、胃が上腹部で …

no image

精神科医が求人を探すのにおすすめのサービス

精神科医の先生が転職を考え、求人を探す場合、どうやって探せば、すぐに見つかって、しかも条件のいい求人が探せるでしょうか? 求人誌などで探した場合、探すのに時間がかかりますし、なかなか良い条件の求人が見 …

no image

教授になっても研究をバリバリやっている人たちばかりではないらしい

バブル期の経済とともに、学会も増えすぎ、金をかけすぎているのだ。時代はそんな状況ではないことを学会開催者は知るべきであるという意見は多い。教授になれば次の名誉は、自分の専門分野の学会の会頭と呼ばれる、 …