雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

健康診断の結果が怖い-ささいなデータの変化に一喜一憂

投稿日:2015年2月11日 更新日:

最近、増えているのが健康診断の結果を手にして、ささいなデータの変化に一喜一憂したり、医学的にあまり意味がない検査成績を過敏に気にする人たちです。健康診断や人間ドックの情報があふれ過ぎて、現在何かの病気で病院に通院中の人も健康診断を受けに行きます。こんな人がいらっしゃったようです。働き盛りのがっちりした二〇代の男性です。ある健康診断会社のコンピュータの検査成績の打ち出しを持って来院されました。そして、診察室の椅子に座るなりこう言われるのです。私はコレステロールが高いのです。今、治療しないと脳卒中や心筋梗塞にならないでしょうか。

確かに彼の持参した検査成績を見ると、コレステロールのところにだけ、H(High)のマークがついていました。しかし他の脂肪の検査を含めて、あとはすべて正常値たったといいます。Hのついている彼のコレステロール値は二二二でした。結論から言えば、まったく心配はいりません。その健康診断会社のコレステロールの正常値は一三〇〜二二〇で、コンピュータで診断するものですから、二多いだけでもHマークや※がついてしまいます。しかし健康診断の会社を代えたり、正常値の値を異なってとらえるだけで変わってくる結果です。

健康診断の目的が異なる場合は意義がありますが

高血圧で治療中の人が胃癌検診を受けに行ったり、糖尿病の治療中の女性が婦人科的検査を受けるなど、今かかっている病気と健康診断の目的が異なる場合は意義があります。しかし、高血圧で循環器の専門医にかかっているのに、循環器の検査を健康診断として受けるとか、胃潰瘍の治療を消化器内科でしている最中であるのにかかわらず、別の病院で胃カメラを施行してくるなど、検査の重複や無駄が多いのにも驚かされます。

A病院に通院中なのに、B病院で健康診断を受けたらC病院を紹介されてしまい、薬が重なってしまったなどという話もよく聞かれます。一人の患者さんの診察や検査の結果などの医療情報があちこちの病院に拡散してしまい、はなはだ効率がよくないと思います。このことの予防策としては、患者さんが自分の健康は自分で守るという視点に立って、自らの医療情報をコピーなどで保管・自主管理することであると思います。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

自分で病気を治す努力をしない患者

医師が、日々の診療の中で、特に困っている人たちは、自分で病気を治そうとする意思がない、または努力をしない患者さんと、素人判断をして、指示に従わない患者さんのようです。 自律神経失調症という日本特産の玉 …

no image

ベテラン医者が仕事を辞めたがっている

大学のOB会でビールを飲みながら、学会のランチタイムにハンバーグ定食を食べながらなど、40~50代のオジさん医者が数人集まると、あ~ぁ、辞めたいなぁと嘆いている光景をよく目にするそうです。そのうえ、時 …

no image

新薬治験とは?-医者がやけに勧める薬には注意が必要かも

新しい薬を医療現場で使えるようにするためには厚生労働省の承認を受けなければなりません。そのためにはまず検査に合格しなければならず、この検査を治験といいます。最近、新しい薬なんですが、使ってみましょうか …

no image

A型インフルエンザウイルスが人に感染影響を及ぼす理由

A型インフルエンザウイルスは、他のB型インフルエンザウイルス、C型インフルエンザウイルスと比べて、違う特性があります。 A型は世界的な流行を起こす原因となる要因を持ちます。NAタンパクとHAタンパクと …

no image

看護師の白衣は薄くて寒い-変な目で見ないようにしましょう

ハワイの病院では、白衣を着ているナースはいないようです。全員が私服で、ポロシャッとショートパンツやスラックス、運動会に参加するお母さんのような格好だといいます。このほうが健康的な印象です。 考えように …