雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

健康を維持するための食事や運動など

投稿日:

油は命の活力エネルギー=オージャスになりやすいので、油を避けているとオージャスが減少して、免疫力も低下します。油が少なすぎる食事は消化の火がよく燃えず、消化不良を起こしてしまいます。油抜きダイエットは好ましくありません。ほかにも、ホットヨガや、汗をダラダラかくようなハードなフィットネス、週末のマラソンなどは体力の五〇%未満という運動のルールをはずれています。

終わった後は変使で達成感があるかもしれませんか、実際にこれらの運動で健康を害しているケースは少なくないので、ぜひ注意してください。また、一日にニリットルの水を飲む、生野菜を大量に食ベる、ローフードを食い食事をとらないなどのダイエット法は、体を直接的に冷やして消化力を落と問題を全身に広げてしまいます。

体質別の健康維持

以下に、体質別の健康維持の方法をご紹介します。

・カパ体質

カパ体質の方は、屋内ジムでの筋トレ、早足の散歩、ランニング、工ア口ピクス、ダンスやフィットネスプ口グラムをおこないましょう。体は冷やさないよう注意します。体力に恵まれていると同時に、その体力を使わないでためておこつという傾向が強いので、意識的にある程度激しい運動をおこなうようこころがけましょう。

・ピッタ体質

ピッタ体質の方は、火の工ネルギーが強いので、体を熱しすぎる運動はNG。水泳、登山、スキー、軽めのジョギングなどがよいでしょう。〇百メートル泳ぐなど目標を掲げ、それを達成するよつな運動が適しています。闘争心やイライラが生じやすい、競争的な運動も避けましょう。

・ヴァータ体質

ヴァータ体質の方は、体力を保持しにくいので、ハードな運動や長時間の運動はNG。天気のよい日の軽い敬歩、ハイキング、サイクリングがおすすめです。体を冷やさず、軽い運動を。風の吹く屋外でおこなうのもよくありません。

以上のことに気をつけて、健康維持に努めていきましょう。自分の体質に合った健康法を実践しましょう。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

お腹が空くと眠れない人でも少なくとも寝るニ時間前からは食べない

ピッタは、変換、消化のエネルギーですから、この時間帯は代謝力が強くなります。ところが、昼間のピッタの時間帯では、その代謝力が胃腸に集中するのですが、夜のピッタの時間帯では、代謝力は細胞レベルで使われる …

no image

口の中が常に苦いときは風邪をひきやすい状態

オージャスは、食事が正しく摂れて、それが完全に消化吸収されたときに作られます。またオージャスは消耗されるものなので、わたしたちの過ごし方によっては、大きく減らしてしまうこともあります。 心身のドーシャ …

no image

ギーなどでオージャスの減少を防ぐ

オージャスが減少すると、何をしても楽しさが感じられない、どんなに素晴らしいことが起きても幸せを感じられないという状態になります。これを改善するには、適切な食べものを正しい食事法でとり、オージャスを増や …

no image

ある診療所病院の話

ある診療所の話。四年間の大学院の研究生活を修了したあと、いままでの現代医学とは異なる方向を目指して、東京に出てきたのです。ただ、東京に出てきたものの、知り合いもいませんし、つてもありませんので、働き口 …

no image

水道水の毒素は色々な形で私たちの体内に入ってくる

シャワーを浴びると皮膚から毒素が吸収されるだけではない。多くの危険な揮発性毒素が蒸気化する。サウナやスイミングプールは、最も高濃度の毒素が吸収される場所だ。私たちの体における最大の器官である皮膚から、 …