雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

契約者配当金-保険事業の運営に必要な財源をあらかじめ想定

投稿日:

~契約者配当金(社員配当金)~

通常配当

保険料は、保険金支払いのための財源、資産運用利回り、生命保険事業の運営に必要な財源をそれぞれあらかじめ想定して計算されているので、実績数字と比べると当然、差が生じます。この差は、予想をやや安全に見込んでいることと、保険会社の効率的な経営努力とによって普通はプラスになります。この部分を剰余金といいます。剰余金は保険料計算の三要素に応じて次のように発生しますが、これを剰余金の三利源と呼んでいます。

・死差益=実際死亡率が予定死亡率より低い場合
・費差益=実際の事業費が予定事業費より少ない場合
・利差益=資産を貸付金、株式、社債、不動産などに運用した実際の利回りが予定利回りを上回った場合

これらの利益は毎年決算のとき計算され、生じた剰余金の九九%以上が契約者に配当として分配されています。

低金利情勢を反映して予定利率の改定

戦後、平成二年まで十回にわたって保険料は死亡率の低下や保険会社の経営効率化を反映して、引き下げが行われました。

しかし、その後は低金利情勢を反映して予定利率の改定(引き下げ)が平成五年度と平成六年度にわたって実施され、その結果、純保険料部分が高くなりました。この間、予定事業費部分は若干切り下げられましたが、純保険料の引き上げ分をカバーできず結局、表定保険料が引き上げられました。

年齢別の死亡率によって計算された一年ごとの保険料を自然保険料といいます。この平準保険料方式をとっていることが、生命保険会社の資金形成とそれに伴う金融機能発揮のおもな源泉となっています。一定の保険期間中、毎年の保険料が同額になるように平均化された保険料は平準保険料と呼ばれています。

保険期間全部を同一保険料にしないで、たとえば期間二十年の場合、はじめの十年とあとの十年というように一二段階の保険料にするものです。最近では、契約者の加入初期の保険料負担を軽くするため、自然保険料方式と平準保険料方式の中間ともいうべき更新型保険料方式が考案され、かなり広く利用されています。表定保険料は保険会社が自由に決定するわけではなく、案を大蔵省に中請し、その審査を経て認可を得なければ実施できません。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

家族収入保険は実際に家族のためになるのか?

家族収入保険を簡単に解説すると、死亡保険金を一時金で受け取るのではなく、年金という形で受け取る定期保険と思えばよい。ただし、普通の年金と違うところは、保険期間(年金が受け取れる期間。満了といういい方を …

no image

更新タイプの保険は更新後に保険料が上がります

更新タイプの保険は、更新後に保険料が上がります。したがって、保険料が安い年齢で一生涯にわたる保障を買ってしまう、という選択肢もあります。実際、若いうちに、一生涯を保障するといった長期の保険に入ると、保 …

no image

生命保険の相互会社とは何か?

日本の生命保険会社二十七社のうち十六社が生命保険相互会社、十一社が株式会社です。別に日本で営業している外国保険株式会社の支店が三社あります。会社の形態として一般的なのは株式会社ですが、生命保険会社の場 …

no image

ネットで生命保険のこれから-昔は嫌われた自己申し込み

現代人はネットに頼りがちで、ネットで知ることが最上と思い込む傾向を持っている。ネットに無ければ、正しいものじゃないという風潮さえある。しかし世の中、うまい話には必ず落とし穴がある、という象徴的な保険が …

no image

逓増定期保険とは?また逓減定期保険についても解説

逓増定期保険は契約金が一定の率で増加していく。契約した死亡保障額が普通の保険では変わらない(変額保険は別)が、逓減定期保険は逓増定期保険と逆に契約金が一定の率で減っていく。 生命保険会社によって増えて …