雑学

警察の巡査部長はどのくらいの偉さなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
警察署がそうした許可を出すケースがあるのかどうか

警察の巡査部長はどのくらいの偉さなの?

警察の巡査部長はどのくらいの偉さなのかご存知だろうか。部長といえば、サラリーマンなら、いちおうの出世の到達点といわれる。ところが、この部長がやたらに多いのが、警察の世界。

石を投げれば、巡査部長に当たるありさまなのである。しかし、この巡査部長、民間企業でいえば、主任か係長といったところ。何故、実態は係長がせいぜいなのに部長と名前がつくのかといえば、巡査部長とは巡査を束ねる部署の長だから。

巡査は警察組織のピラミッドの中では

巡査は警察組織のピラミッドの中では

巡査は警察組織のピラミッドの中ではもっとも下にあるため、その長とはいっても、ほとんどエラくないのだ。

ちなみに、高卒以上で警察官の採用試験に合格したノンキャリア組の場合、巡査でスタートして、高卒で四年、大卒なら一年で、巡査部長の試験を受ける資格ができる。つまり、うまくすれば二〇代前半で部長になれてしまうのだ。

巡査長の上はどうなっている

では、巡査長の上はどうなっているのだろうか?巡査長の上は、順番に、

警部補→警部→警視→警視正→警視長→警視監→警視総監→警視庁長官

となっている。

警視庁長官などというと

一番上の警視庁長官などというと、もう、巡査長から見れば神のような存在で、巡査部長の上の警部補になるのも、かなり難しいようだ。

階級の上のほうの人たちは、キャリア組で、地方公務員では上の階級に行くのは難しい。国家公務員試験に受からないと上には登っていきにくい。

巡査部長ってどうなの?

巡査部長ってどうなの?

神奈川県警の巡査部長が、離婚した元妻と長女に、手を挙げて逮捕されました。
最近は警察官の汚職事件が目立ちますね。

警察署では、巡査部長は主任で警部補は係長です。これくらいの違いです。警視庁では巡査部長は係員で警部補は主任です。

警察官の階級は

警察官の階級は、「巡査」から始まり、「巡査部長」「警部補」「警部」「警視」「警視正」「警視長」「警視監」「警視総監」までとなっている。

「巡査部長」を調べると警察官の階級でもずいぶんと下の方です。
下の階級なのにどうして「部長」などと名称がついているのでしょうかね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加