雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

計算された位置や話す内容

投稿日:

視覚的に話す「東京にもまだこんな静かなところがあるんですねえ」とW氏。「はあ、ですからたまに銀座などへ参りますと、すぐ頭が痛くなってしまいますの」「そうでしょうねえ」W氏は相づちを打ちましたが、心のうちではもっと感心していました。彼女のわずかな答えのうちに、話の上手な人と下手な人の境目があるからなのです。

彼女との距離が二メートルで、彼女の目を見た場合には彼女の帯締めから上ならば目や顔を動かさずに見ることができることも確かめています。これは彼女からW氏を見た場合も、同じような範囲が楽に見えると言って差し支えありません。だから話の途中で手を使って説明する時には、W氏は自身の手を胸の上方、あごのあたりで動かせば効果があるのです。

相手にも気まずい気分を起こさせてしまいます。「はあ、静かです」と、いわゆるおうむ返しに答える人もいます。
先ほどの人達より少し長じた男子の大学生。高校生ぐらいまでのほとんど全部の人は、男女を問わずこの返事です。この年齢ではやむを得ませんが、一人前の人でこの返事だけの人は少しもの足りません。彼女のこの答えを分析してみますと、「はあ」で終わって、あとが出てこない人は、話の下手な人か、性格的にはよく言えば素朴で、世間ずれしていない人です。

高校や大学を出て勤めたばかりの年齢の人々

彼女のこの答えのように、単に相手の問いに答えるだけではなく、それを補った説明も同時にしてしまう要領のよい話し方です。それに少しおとなしい女子大学生。高校や大学を出て勤めたばかりの年齢の人々。さらに新妻などがこのなかに入り、職業的には農家の人もこの部類です。

ことにいったん調子にのると、いりもしないことまで話してしまう人がいるもので、話の面白さを評価されるよりも、話を通して人間がマイナスに評価されてしまうので注意してください。女性なら子供のひとりもできた二十七、八歳、男性なら三十歳ちょっと過ぎには、ひとりでにこの程度の答えになってほしいものです。ただし、これ以上にはならないことです。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

店員の間違ったおすすめのしかた

店員さんが、お客さんにテーブルを進める際、「天板は白で、傷がつきにくい加工がしてあります。少々のことでは傷になりませんよ」というのはどうでしょう?事実の列挙によってテーブルの特徴を述べようとしているの …

no image

モナリザの目は少しうわ目遣い

モナ・リザの目が、ちょうどあなたの目の正面にくるようにして見てください。そうしますとエリザベッタ夫人の目は、ほんの心持ちだけですが、少しうわ目遣いになっています。そして、この目とよく釣り合いのとれてい …

no image

目を合わす、離すというリズム

あなたも観察しているうちに、ひとりでに目を見合わせたり離したりする呼吸をのみこんでくることでしょうが、日常会話の心がけとしては、相手と目が合う。相手の目がそれる。その時自分はそらさない。また、ふたりの …

no image

想像力で相手との距離を測る

上司や年上の人に対しては、失礼のないようにきちんとした言葉で話したい。では距離はどのくらい取ったらいいのか。初対面の人。二度目に逢う人。仕事関係の人。友達の友達。兄妹の連れあい。両親の友達。話す相手に …

no image

褒める効果は色々すごい

褒めるということは、立派な自己表現です。会話には反響が求められますが、その反響も褒めることがきっかけになります。友達の弾くピアノにうっとりしたら、すかさず褒めます。「あなたに弾かれて、ピアノがとっても …