雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

計画通り主役になるはずだった

投稿日:

X君と何人かが、数カ月後の日曜日に野球の試合をやるから、一緒にやろうよと声をかけた。S君はそもそもこういう形でX君から声をかけられることが内心おもしろくない。自分こそ、この計画の主役になるはずだった。それなのにみんなは、X君を中心に事を進めようとしている。

みんなで日曜日に隣の大学のチームと野球の試合をする相談をしていた。みんな、S君も何とか都合をつけて出場してくれないかと期待していた。ところが、たまたまS君はそのとき、その試合をやろうと言い出したX君のことをおもしろく思っていなかった。自分よりX君に人望が集まっていた。

S君は、「あんな校の連中と試合なんかやるのはばかばかしいからやめよう。俺はやらないからな」と断言した。そこでみんなは、じゃあ今度はS君をあてにするのはやめようということになった。あんなふうに言ってるのを無理に引っ張り込むと、後でまたいろいろゴチャゴチャ言うだろう。

X君と周りの人は荘然とした

「おまえがキャプテンをやりたかったからだろう」X君と周りの人は荘然とした。「だって、君は前に僕たちが誘ったときに、この試合には出ないとはっきり言ったじゃないか。だからみんな遠慮して君のことは誘わなかったんだよ」「そんなこと俺は言った覚えないぞ。全然そんなこと言っていない。俺がいなかったら試合に勝てやしげしたんだろ」と。

突然S君が、X君やみんなが野球の練習をしているところにあらわれて、X君とほかの何人かに食ってかかった。どうして俺をのけ者にしたんだよ。うちのチームないんだ。おまえたちは俺のことをけむたいから棚食ってかかった。

どうしてきょうまで声をかけなかったんだ。俺はあしたの試合があるので、いつ君たちが俺のところへ言ってくるか毎日待ってたんだ。ひどいじゃないか。みんな内心耳を疑った。しかし、S君と周りの人が争い事になるのは、しばしばこんな状況である。S君はこんなときあまりにも感情が高ぶってしまい、その場の感情にまかせて断定的に物を言ってしまうのだった。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

自分のことで心がいっぱい

彼女は「もう一度自分とやっていこう」とバトラーに語りかけるのだが、そのときにスカーレットには、レット・バトラーがどんなに自分とアシュレーのことで傷ついているのか、あるいは怒っているのかについての思いや …

no image

挫折や失意の底からより高い人生の意味を見出す

べートーべンの第五シンフォニーにあらわれた、あの凄絶な苦しみはどうでしょうか。べートーべンが担った「運命」、貧困、不遇、愛する人との別離、耳の病、等々だけではありません。べートーべン特有の激しさ、愛憎 …

no image

人類最古のラブレター-祖先たちは求愛生活をかいま見させてくれる

人類最古のラブレター時が過ぎ、祖先たちは彼らの求愛生活をかいま見させてくれる証拠をますます残してくれるようになった。五万年前、現在のエチオピアで暮らしていた人のなかに、約一三立方センチメートルもの脳を …

no image

対象化を排除、流れの中で人間をとらえようとするとき

対象化を排除、流れの中で人間をとらえようとするとき、厳密にいうと、その主体とは、すでに個としての自己ではない。主体的自己理論は、たしかに素朴な自然科学的自我モデルを捨てて、現象に忠実に、人間の主体性に …

no image

地球上は略奪愛であふれている

子どもを育てるために一雌一雄関係を築く種のオスが性的に相手を独占するのには、第二の進化的な動機が関係している。オスにしてみれば、巣をつくり、メスを守り、侵入者と戦い、さらには子どもに餌を与えるために貴 …