雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

「変わってる」と「個性的」の違い

投稿日:

何年か前に違いのわかる男の〇〇〇、というコピーがTVでさかんに流れていました。違いのわかる男、はワンランク上であると言いたかったのでしょう。でも私にとっては違いを楽しむ男、のほうがワンランク上です。いくらAとBの違いがわかっても、その違いを楽しめなくては何にもなりません。違い、について、私たちはもっと自由に寛大におちゃめに反応したほうがいいと思います。違いがあるからこそ、あなたはあなたであり、私は私なのです。

人は、自分が理解できる範囲の違いに対しては「個性的ね」と言って見過ごしますが、理解できないほど大きな違いを感じると、「変わっているね」と言って一線を画する。関わりを持たないよう、身を引く。人間はみんなそれぞれの個性を持って生きています。顔だちが違い、声が違い、考えが違い、夢が違い、性質が違い、運命が違う。決して優劣の問題ではないのです。個性には比較は通用しませんから。「変わっている」と言われるとけなされたと感じ、傷つく人が多いようです。

変わっているを劣っているという意味に

「変わっている」を「劣っている」という意味に受けとり、否定された気分になる。でも「個性的ね」と言われると今度はうれしい気分になる。人より優れているという意味に受けとり、褒められたと感じるからです。気分って不思議ですね。受けとり方次第でいろいろに変わります。あなたと私が出逢う面白さは、違いから生まれます。違い、を怖がると、人はっまらないことをしてしまいがち。

無理に他人の意見に同意してみたり、話題に取り残されないようにと自分の趣味でもないのにTVの人気番組を見たり、流行にこだわったりして、身動きがとれなくなるのです。もっと違い、を表現しましょう。ただし、意見の違う相手を否定することで自己主張したつもりになる人がいますが、それはあくまでも他人否定にすぎません。「あなたって何もわかっていないのね。そんな考え方は甘いわよ」では、どんな考え方があるのか。自己表現とは、私はこう思う、こう感じる、こうする、を述べることです。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

人間には感覚的に不倫快なものは排除しようとする性質がある

民主主義とは難しいものではない、いつも人に親切にサービスしてやることなのだという言葉がありますが、このサービス精神こそ最も大切です。そのためには言葉だけではなく、体全部の表現がこの精神についていかなく …

no image

話を組み立てる手順は昔話がよく分かりやすい

聞き手に理解しやすい形で話を組み立てる第一歩は、結論から述べることです。なら、結論とそれを支える根拠の一セットだけでよいのです。ですが、話は短いものばかりではありません。根拠の根拠を述べたり、いくつか …

no image

問いに答えるには

報告の場合は、テーマ、タイトルとの整合性を中心にチェックするといいでしょう。チェック項目は次の通りです。テーマと内容は合致しているかタイトルと内容は合致しているか。構成ができたら、中身が論理的になって …

no image

話し方の構成-そこにあなたの個性が表れる

話し方の構成。それは話材の組み立て方とも言えます。そこにあなたの個性が表れるのです。十五年前、高校の創立百周年記念セレモニーの司会をしたのです、というある人。引き受けてしまったものの、どういうふうに進 …

no image

ノーと言える勇気が必要

自分に質問を投げる。質問を受けとる。答えを投げる、ピッチャーにもてキャッチャーにもなることです。マメにボールを投げることが個性の球根の発芽を早めるでしょう。意見に優劣はありません。堂々と「ノー」「いい …