雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

川辺などの危険が伴う場所でのキャンプの注意

投稿日:

ビューポイントや川辺など危険を伴う場所では、到着前後に子どもと話し合って、どこまで行っていいか、何をしていいかを決める。小さな子達は常に大人と手をつないで行動すること。もっとも、危険かもしれないからと大事をとりすぎて、せっかくの自然を楽しむ機会まで失っていてはもったいない。行動をともにして、危険な場所は一緒にクリアする。言葉で説明しながら親がまずやってみせよう。

遠くからは見えない窪地や、天候によって滑りやすくなる場所、歩きにくいガレ場、雨に濡れてヌルヌルする木道、あるいて過いには水流上の橋など、何があるかわからない所では、幼い子どもを先に行かせないこと。親が子どもの安全に責任を持ってしっかり見守ってあげればよいのである。川岸も危険をはらんでいる。足元がしっかりした地面に見えても、その下は水流が横穴を突って空洞化しており、ちよっとの重みで崩れることもあるのだ。これについても子どもによく説明しておこう。

危険が見えていないとき

大人同士でも、メンバーの誰かが心ここにあらずで危険が見えていないとき、自然にやっているはずだ。赤ん坊じゃないんだから手をっないでやる必要はないが、状況について話し合い、安全な攻略法を見極めるのは大切なことだ。年長の子ども達にしても、危険な場所を越えるときには、親が追いつくまで待機するよう話しておく。よくわかっていない子は、年齢に関わらず、親と一緒に行動させること(大人だって、危険な状態は皆で一緒に乗りきるのだから)何蔵になっても、子どもは木登りが大好きらしい。

立っていようが倒れていようがお構いなしだ。知識や技術の習得により、一人で問題に直面しても困らないという自信が生まれる。親の監視の元でこういった危険に対処する方法を身につけさせる。コケで覆われた枝も滑りやすい。子ども達がどこで何をしているか常に把握しておこう。枯れ枝、腐っている部分の見分けかたを教え、そこに体重を置けばどうなるかも見せよう。過保護になりすぎず、かつ目を離さないのだ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山では気象の知識を得た上でさらに山での経験が重要になる

気象の知識を得た上で、さらに山での経験が重要になる。だから日帰り登山によって苦い経験を積むことは無駄ではない。気象による深刻な遭難を避けることができるし、そうすることで快適なウォーキングを約束できるか …

no image

キャンプ場での色々な注意点

キャンプ場での色々な注意点などについて紹介していこう。キャンプ場に着いたらまず、キャンプ場管理事務所に行って受付をすませます。多くの場合、テントを張る場所は指定されているが、もし自由に選べるとしたら、 …

no image

岩場の安全なのぼり方や注意したい点

ご存知のように山は自然の中にあります。岩場があったり、雪が残ってもいるでしょう、いやだ、と思う人もいるかもしれません。そしてまた、特に岩場・クサリ場などでは悲しい事故も発生しています。雪が解ければ突い …

no image

カヌートリップで子どもに煩わされた記憶はない

カヌーに関して、ある家では息子が言うことを聞かないで困った経験があるようだ。問題は、出発前、カヌーをクルマに積み込んで準備しているとき、うれしくて興奮しきっている息子がカヌーに乗り込んで降りてくれない …

no image

キャンプで風呂には入れない場合-自作で工夫して体を洗おう

山の中では、お風呂はとうてい望めない。お風呂付のクルマでもあれば別だが、普通そんなクルマを持っている人は少ない。子供を洗う場合、代わりにスポンジ・バス(スポンジにお湯を含ませて体を拭く)か部分洗いに挑 …