雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

川などで子供と遊ぶ場合の楽しみ

投稿日:

川などで子供と遊ぶ場合、水温が十分暖かいこと、水が浅いこと、ウェアはナシあるいは濡れてもよいものであること、これがルール。水の量で楽しさが決まるわけではない。ウグイを追いかけ、カエルを捕まえようと夢中にもなる。泥や砂の中につま先を沈めたり、小石を掘り出したり、足でパシャパシャやるのが好き。小さな子達には、水たまりも小川も、小さいほうがいいようだ。

ほとんど濡れて、水たまりがところどころにあるだけの小川を見つけ、そのそばにキャンプした。飲用水を確保した後、ままごとセットを渡し、子ども達だけで遊んでもらう。ママやパパが参加してくれるほど、子どもにとってうれしいことはない。子どもと一緒になって、どんどんはしゃいでしまおう。気候のよい季節には、少なくとも一日一度は川辺で休憩する。パパはダムを造り始めたら時間を忘れるし、橋の上から木枝を流して子ども達と競争したりする。暑い日は水泳に勝る娯楽はない。

きままに足を向けることができる

運河は川と併走していることが多く、木立の間に水が見えれば、きままに足を向けることができる。山の中では、水浴びもまた別の楽しみかたがある。運河沿いの旅では、ポンプを休憩場所にして、毎回水浴び。水浴びがすむと、もう次のポンプに気持ちが急ぐ。家だろうとアウトドアだろうと、子どもには子どもらしい遊びが必要なのだ。かんかん照りの挨っぽいトレイルを何ロも歩いた後、森の湖沿いに隠れたキャンプスポットを発見。

まだ体の火照りが消えないうちにバーッと裸になって水をかけあい、ゲラゲラクスクスやりながら最高の午後を過ごした。また、春の山では、残雪がいつまでもあり、子ども達が雪遊びを楽しめるということもあるだろう。裸足でじかに雪を踏むというセンセーショナルな体験もお薦めだ。ただしこれは霧焼けにならないよう、ちょっとの間だけ。こういった感じで子どもと自然で一緒になって遊んでみよう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

その日のために心の準備をしておきたい-ある家族のキャンプの話

ある家族のキャンプの話。ペンシルバニアからコロラドまでが1週間、あとは現地でラマを調達したり、オリエンテーリングの講習会に参加したりでもう1週間。あんな狭いところに計2週間も閉じ込められるのだ。もしこ …

no image

キャンプ場で起こりえるトラブル

管理人のいないキャンプ場などでは何が起こってもおかしくない。運がよければ誰にも会わなくてすむが、ゴミや割れたビール瓶が散らかっていれば、深夜族がひいきにしている可能性あり。騒音が気になったら、すぐに直 …

no image

ハイキングでの貢献度ではバックキャリアの右に出るものはない

ハイキングでの貢献度では、バックキャリアの右に出るものはない。背負う人も背負われる子も快適さが最優先。値段は二の次だ。前掛け式でも背負って使えるものもあるが、本気で子連れアウトドアをするなら、バックキ …

no image

色々な動物の爪の種類

急な渓流に棲息するサンショウウオ類では、幼生時代に爪があって、それで岩などに体を固定するものが多い。アフリカツメガエルのように、後足の指先だけにある爪で泥底をかき回し、いて飛び出す水生小動物を捕食する …

no image

アウトドアでのレインウェアはキッズ用も防水加工で

子どものレインウエアを購入するときは、自分ならこういうのが欲しいと思うものを探す。後に、上下セパレートになったレインウエアを発見。これは大人用のあらゆる機能を備えている。普通にアウトドアに出かけるだけ …