雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

カウンセリングや芸術療法を体験した人は

投稿日:

カウンセリングや芸術療法を体験した人は、科学的論理が普遍性をもつのと同じように、感情の論理、象徴過程を共有しうることを体験します。そしてこのような公共性を強くもったもの、つまり人の心に強く訴え、生々しく伝えられるような形において感情の論理が表現されること、それがすなわち芸術だといってよいかと思います。

学問的・科学的発想法から不合理だときめつけるような性質のものではなく、それこそが感情の論理にもっともびったり合ったもの。このような感情の論理は自由奔放ですから、ある意味では学問的論理のような公共性、普遍性がないともいえます。人間のこのような感情の論理、象徴過程は、個別的でありながら同時に驚くほど普遍的であります。

そしてそれは、科学的方法とは別の仕方で、やはり人間が自然を意識し、自分自身を自覚していくその過程に他ならない。人類が科学や芸術を発展させたそのこと自体、公共的な意識、つまりみんなのために働き、みんなと交わるという共同存在性を背景にしています。

閉ざされた精神による科学でも

閉ざされた精神による科学でも、内容は人類を志向しないでは認められないわけですから、それで一応成り立っているようにみえます。しかし、共同存在意識の立場からいうと、これらのホタネは、やはり本物ではない人類共同の仕事なり表現なりに参与するというタテ、自分の心からのおおになるのが共同存在意識だといえるでしょう。

個人生活においては、科学や芸術の探究もきわめて閉じた精神、つまり利己的な動機によって行なわれます。それは多くの場合、自分の出世の手段であり、生活維持のためであり、自己顕示のためであります。もう少し純粋にいっても、それは自分の知的好奇心をみたすためであり、自分の内心の葛藤をはきだすためであります。

他人との共存において、あるいは集団を発展させる意味において、そしてもっとも広くは人類発展の意識の中において、まさに知ることが必要であるから科学する、何かを現実に克服する必要があるから科学する、それこそが、より開かれた学問の精神であります。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

ちょっと警戒を感じたがよく考えれば

ちょっと警戒を感じたが、よく考えれば、もし彼が家庭を投げだすくらいC子にほれてくれたら、それこそ思うつぼではないか。「やっぱりまだ時々、昔の人に初めて会うとわからなかったりするんですよ」と妻がいう。 …

no image

自分の出世だとか名声・評判などのこだわりから自由に

自分の出世だとか名声・評判だとか、利益追求だとか、そうしたこだわりからも自由になる。つまり我執が捨てられていき、本当に自分が瞬間瞬間において生き生きとして、個性的な自己がでてくると同時に、他人という存 …

no image

アフリカゾウたちの愛

ティアはオスゾウたちを避けていた。ところが、自分よりずっと年上のバッドブルを目にした瞬間、ティアはころりと態度を変えた。バッドブルはいかにも頼りがいのある堂々たるオスゾウで、発情期に入っていて、胸を張 …

no image

真の自己のひとつのあらわれ

仮の私をも、真の自己のひとつのあらわれとして、やはり大事に個性的・主体的に育てていきたいという気持になっていった。一般に自己実現の充実した瞬間において、あるいは内的外的葛藤による苦悩の極において、突然 …

no image

精神的な高みに近づいているかにみえる状態

主体的実存として、一見精神的な高みに近づいているかにみえる状態と、煩悩の泥沼にはいつくばってあえいでいる状態との間に、何ら差別はつけられない。ただ過程としての営みあるのみで、そこにしか人類全体に連なり …