雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

片想いでの胸の痛み

投稿日:

シベリアからオーストラリアの内陸、あるいはアマゾンにいたるまでの人々が、愛の歌を、愛の詩を創作し、愛にまつわる神話や伝説を語りついできた。愛の魔術を実践する人も大勢いる。恋の炎をあおろうと、お守りや飾りを身につけたり、香辛料や調合薬を使ったり。駆け落ちする人も多い。

恋愛は、万国共通の経験なのだから。それにしても、心を乗っ取られたら最後、もはやコントロールがきかなくなることの多いこの不安定な感情は、いったいなんなのだろう無上のよろこびをもたらしたかと思えば、つぎの瞬間には絶望の淵へと追いつめる。

一六六にのぼる文化圏でおこなわれた調査の結果、人類学者は一四七の文化のなかに恋愛の証拠を見つけている。全体の九パーセントに迫る勢いだ。残りの一九の文化圏については、人々の恋愛について科学者がきちんと調査できなかったというだけのことだった。

何世紀もの時代を超えて伝わっている

ロミオとジュリエット、パリスとへレン、オルペウスとエウリュディケアベラールとエロイーズ、トロイラスとクレシダ、トリスタンとイゾルデ恋愛を描いた何千という数の詩や歌や物語が、古代ヨーロッパ、中東、日本、インド、そのほか文字の記録が残っているありとあらゆる社会のなかで、何世紀もの時代を超えて伝わっている。

片想いに胸を痛める人もたくさんいる。恋人を殺す者もいれば、逆にみずから命を絶つ者もいる。大勢の人が、深い悲しみにはまりこみ、食べることも眠ることもできずにいる。世界中の詩や歌や物語に触れるにつれ、わたしは恋愛という能力は人間の脳の組織に深く縫いこまれているのではないかと考えるようになった。

恋愛という人間の深遠な経験がなにを意味しているのかを理解するため、恋愛について書かれた心理学書を徹底的に調べ上げ、その特徴、症状、そしてたびたび言及される状況などをあれこれと抜粋してみると、強烈な感情にはさまざまな特徴が絡み合っていることがわかるのである。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

日常生活で自己の存在が疑いないようにみえるのは

あやふやな自己であるにもかかわらず、日常生活では自己の存在が疑いないようにみえるのは、ひとつには、知覚の恒常現象が働いて、自分に同じようにかかわっているものは、よほど変化していない限り同一に知覚する傾 …

no image

三万年前のクロマニョン人は現代人とまったく同じ頭蓋骨

黄色に彩られた動物たちが洞窟を行進する姿はあまりに生き生きとして、いまにも動きだしそうだ。音楽家たちはフルートやドラムで、洞窟内の静寂を打ち破った。ごつごつとした岩肌には、彼らの手形が何百と残されてい …

no image

グリズリーのオスはメスのわき腹に鼻をすりつけ

生物学者のラーズ・ウィルソンは、求愛中のビーバーのペアについてこんなことを書いている。「昼間は丸めたからだをぴったりくっつけて眠り、夜になると一定の間隔で相手をさがしてはたがいに毛づくろいをするか、よ …

no image

自分の特殊なコンプレックスに直面し解消し突然道がひらけた

私の目の前にきれいな花園がひらけ、同時に私自身が洞窟のようなところからさっと表にでて、二枚の羽を広げて、その花園に向かって、まさに飛びたとうとしている。そんなはっきりした実感がわいた。ふつふつとわいて …

no image

彼女の踊りを目にしたとき魂を奪われた

ナイジェリアのティヴ族のある男性は、ある女性のあまりの美しさに思わずこう叫んだ。「彼女の踊りを目にしたとき、魂を奪われた。彼女を追わずにはいられなかった」。新聞や雑誌に掲載される個人広告では、相手の条 …