雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

恋愛を型にはめることは難しい

投稿日:

人の顔がいろいろなのと同じように、恋愛の顔もカップルの数だけあります。順調な時は、欠点にはあまり眼が行きにくい。ところが、逆境に立たされると、急にその欠点が気になりだし、自分たちの恋愛の個性を見失いやすい。恋愛はこういうふうにしなければならないというルールなどないのに、なぜか恋人たちは先例をなぞります。借りたジャケットを着ているみたいに窮屈で疲れても我慢します。恋愛にも休暇が必要です。大抵の恋人たちは律義すぎてワーカホリックになるのです。

ひとりで悪い想像をしていたら何も進展しません。人間はパーフェクトじゃないし、恋愛もパーフェクトじゃないということを忘れないで、時には流れてみることも必要です。ジェラシー、誤解、妄想が繁殖するのは逆境の時です。でもホントはそういう時こそ、恋愛の個性の見せどころなのです。会話の力を借りましょう。一人で悪い想像をしてしまっていたら、そのことを正直に話せばいいのです。

言葉で何ができるかを実験してみる

どんな関係の個性も伸び悩んだりマンネリに陥ったりします。その時、言葉で何ができるかを実験してみるのです。ハートを開いて、ハートの奥にしまってあるひと言を思いきって唇から飛びたたせるのです。それは一粒の花のタネを撒くようなもの。とにかく、タネを撒き続けるのです。そのための実験期間として、まず一年間を自分に与えてください。そして来年の今頃、ヤヤッ、こんな私って去年はいなかった、という実感があったら、大成功。あなたはやったのです。

流されるのではなく自発的に流れるのです。自分自身に欠けているものを相手の中に求めるのは、依存することになり、関係の成長を妨げます。自分に欠けているものは自分で補充するのです。そういう二人でなければ、真のハーモニーは生まれません。あなたはあなたのハートを表現したり伝えたりしながら、自力であなた自身をもっともっと幸せにできるのですから。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

沈黙を恐れないで会話を楽しもう

誠意を持って話そうとすれば、間が空くのがあたりまえ。沈黙を恐れず、沈黙、をまじえて会話しましょう。この、黙って口をきかないことつまり沈黙の内容はいろいろです。私は、言葉での自己表現が一〇〇パーセントで …

no image

知ったかぶりをやめて「わからない」と素直に言いましょう

会話の中で「知らない」と答えることも「知っている」と言うことも、よくよく考えれば同じこと。どちらも自分の今の状態を語っているのです。私の母はよく「聞くは一時の恥、聞かぬは末代の恥」と言っていました。「 …

no image

自然に誘発させる会話のテクニック

前とくらべるとぐっと要領がよくなっています。W氏はとっさに、自分はこの辺で口火をきる役目を終えて、質問しないほうがいいかなとも考えたのですが、「すると大変な地主ということになりますが、今でもそうなんで …

no image

メリットがメリットになっているかどうか

メリットがメリットになっているか、というのは、聞き手に「これはメリットだなあ」と思わせるものになっているかどうかということです。「メリットだから、メリットに決まっているではないか」と思われるかもしれま …

no image

悩みを言葉にすれば意外に小さいことだったと気づく

ある話し方教室に通っていた女性は、外見のコンプレックスを取りのぞくために、メイクアップ教室に通ったり、歩き方のレッスンを受けることにしました。さらにダイエットにも挑戦。見事一〇キロの減量をやりとげまし …