雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

過食症になったきっかけは失恋だった

投稿日:

レストランでのデートのとき、会うたびにUさんのX君に対する感情は、だんだん険しく厳しいものになり、アルコールを飲む度合いも進んだ。実は、Uさんはこんなことが初めてではなかった。アルコールを飲むようになる二年ばかり前までは、ときどき過食症と拒食症が交互していた。

Uさんから何度も何度も電話がかかってくる。X君を責めるような電話の場合もあるし、いまにも死にそうに消え入るような声で「助けて」とか、「許して」とか、泣いて綿々と自分の気持ちを訴えながら電話を切らない。そのうち、もともと好きだったアルコールを飲む。お酒が入るので、今度は酔っばらってよけいに話のまわりも悪くなる。しかし、それで何とか寝てしまう。

過食症になったきっかけは失恋だった。以前にY君とつき合っていて、最初は熱烈恋愛、理想のような間になったのだが、途中からすったもんだの状態になり、最後は、Uさんは見捨てられるあわれな人になってしまう。あまりにも見捨てられる不安が強いために、すべて自分と一体でなければ気がすまない。

本当はとても気が小さく

本当はとても気が小さく、心細く、そばにだれかいてくれないといられない面があるが、ふだんは母親がその役目をしている。二人でいるときには、母親との間に長年の習慣があって、母娘ゲンカのトラブルを起こしながらも何とかやっているのだが、母親は、「とにかく恋人ができるとだめになってしまうんです」と言う。

自分と相手の気持ちがちょっとでも同じでないことがわかったときには、とても傷つき、見捨てられたと絶望的になって、飛び出したり死んでしまいたくなる。それをまた追いかけていくというやりとりになってしまう。Uさんにとって、男というよりお母さんなのだ。

恋人には熱烈な愛情と同時に、異常に強い独占欲、支配欲を抱く。しかし、Uさんにしてみると、別に独占したり支配しているつもりはなく、見捨てられることがさびしくて、心細くて、こわいのだ。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

象が思春期を迎えると

アフリカゾウのオスは思春期(一四歳くらい)を迎えると、すぐにメスが仕切る出生グループを去り、小さな「野郎」集団となってさまよい歩きはじめる。発情期には、各々の性的魅力がさかんにアピールされる。 動物の …

no image

不本意な責任感に縛られている

不本意な責任感に縛られている。また、私の仕事、私の集団を大事にするという、閉じた欲求や集団愛に根ざしてもいたでしょう。しかしその中に、集団の個々人が大事になっていく過程もありました。つまり私が「みんな …

no image

人が恋に落ちる瞬間は性欲からも来るのか?

豊富な恋愛遍歴の持ち主オウィディウスは、性的に強く惹きつけられると、人は恋に落ちることが多いと信じていた。しかし性欲がつねに恋愛感情を引き起こすとはかぎらない。それは大勢の知るところだ。 性交からはじ …

no image

内的な矛盾と外的な疎外条件とは切っても切れない関係

内的な矛盾と外的な疎外条件とは切っても切れない関係にあります、そして見た目にはそれとわからなくとも、ほとんど絶望的とも思える毎日を送っている人々が、決して数少なくない。とくに私たちは、平均からずれた場 …

no image

私たちの理性だとか直観だとかの限界について

私たちの理性だとか直観だとかの限界について、近代哲学の祖といわれるデカルトは「我れ思う故に我れ在り」という直観を公理に立て、そこから理性による論理を連ねて、事物の本質に、したがって自己の本質にも迫ろう …