雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

カストロ暗殺計画はケネディが暗殺された当日に着手された

投稿日:

カストロの殺害計画は、ケネディが暗殺された当日に着手された。組織的活動は一九六五年に中止されたが、ニクソンが一九六九年に就任記て最初にとった動の一つは、キューバに対する秘密工作の増強をCIAに命じることだった。
キューバ危機が終わると、ケネディは組織的なテロ活動を再開し、暗殺される一〇日前、CIAが考え出したアメリカの代理軍による破壊作戦を承認した。これは大型石油精製所と貯蔵施設、大規模発電所、製糖工場、鉄道橋、港湾施設に対する破壊工作と、水中からの波止場と船の破壊だった。

とりわけ興味深いのは、計画立案者たちの認識である。一〇〇〇ページ近い資料の中で、アメリカの高官が米国政府の支援するテロに対して、多少とも道義的な立場から反対を唱えたのはたったの一回だった。ケネディ時代のテロに関して、最近公開された資料を調査したドミンゲスは、こう述べている。道義的な立場を顧慮しない姿勢は内部の討議でも一貫して優勢で、本格的にキューバを侵攻すれば、きわめて多くの人を殺すことになり、我々はそれに関して数多の非難を覚悟しなければならなくなるとロバート・ケネディが述べた時もそうだった。

こうして事態は進行し

NSCのメンバーの一人が、それによってソ連の反発を招くのではないかと言い、計画性がなく、無実の人々を殺す奇襲攻撃は、友好国の間で評判を落とす結果になりうると述べた時である。テロ活動はニクソン政権下でも続き、一九七〇年代半ばにピークに達し、漁船、在外公館、海外にあるキューバ政府関連施設に対する攻撃や、クバナ航空機を爆破し乗客七三名全員を死亡させる事件などが起きた。

こうして事態は進行し、アメリカの新聞の社説で一九六三年に、米国政府がキョーに侵攻しないと約束したにもかかわらず、武装基地を維持しているとカストロは非難された。こうした事件も、その後のテロ活動も、アメリカの領土内から敢行された。ただし、その頃には、このような活動をFBIは犯罪行為と見なしていた。約束さえあれば、その後に何が起ころうと、問題はないはずだというわけだ。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

テロと抵抗運動との違いは何か

国際テロと侵略との違い、テロと抵抗運動との違いも明確にはしていない。こうした問題は興味深い形で提起される。公式の定義はあらゆる疑問に正確に答えてはいない。我々が慣習に背を向け、容認できない結果を招くと …

no image

イスラエルが過去四〇年間とってきた政策は選択肢を大幅に弱めた

一九七一年には、選択肢は明確に示されていた。エジプトのアンワル・サダト大統領がイスラエルに、エジプト領からの撤退と引き換えに完全な平和条約を結ぶ提案をした時のことである。イスラエルにはこの地域の米軍基 …

no image

イラク国民が制裁によって強いられた悲惨な状況を知っている近隣諸国は

経済も軍事費も、人口がイラクの一〇%しかないクウェートの数分の一にすぎず、その他の近隣諸国と比べれば遥かに少ない。イラク国民が制裁によって強いられた悲惨な状況を知っている近隣諸国は、イラクがこの地域で …

no image

1960年7月、キューバは国連に援助を求めた

一九五九年から六〇年にかけての冬に、アメリカに拠点を置亡命キューバ人が、CIAの指揮下で攻撃を実行するケースが著しく増加した。バチスタ独裁政権は一九五九年一月、カストロのゲリラ部隊によって転覆させられ …

no image

マーシャル・プランの提案では

チェコスロヴァキアがアメリカの援助を望むと示唆すると、スターリンは東欧での統制を強め、1948年2月にはチェコスロヴァキアで共産党が完全に全権を掌握した。こうしたできごとに、トルーマンは1930年代の …