雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

宇宙

火星より外側の惑星探査を最初に行なったパイオニア号

投稿日:

火星より外側の惑星探査を最初に行なったのは、七二年三月の打ち上げから二十一カ月をかけて、木星から十三万キロのところを通過したパイオニア号である。

七三年四月に地球を出発し、翌年十二月に木星の近傍通過に成功した後、さらに五年間航行して土星から二万千四百キロのところを通過した。これらの探査機は、木星と土星の画像を合わせて四百枚以上送信してきたが、もともと次なるグランド・ツアー、のために先導的な役割を担うものであった。

七八年五月に金星へ向かったパイオニア・ビーナス1号は、その年の暮れには金星周回軌道に到達して赤外線写真を撮影するとともに、レーダー電波を発射して金星表面の地形を測定した。

また同年八月に打ち上げられた2号は、金星の大気圏内に突入する際、四個の円錐形探測機に分離して大気の組成や濃度などを測定、濃密な炭酸ガス大気が温室効果を果たしているがために、金星が焦熱の惑星と化しているという事実を確認した。

火星より外側の太陽系の惑星

七七年八月、九月、ボイジャー1号と2号(出発は2号が先になった)は、人類が計画した最も壮大な大旅行へ出発したのである。ボイジャー1号は木星と土星を観測した後、土星の衛星タイタンに接近し、その後、恒星間空間に向かって飛び去ったが、2号はその後も太陽系惑星間の旅を続け、天王星を経て八九年八月には海王星に大接近した。

一九七六年から八〇年の間に、火星より外側の太陽系の惑星、すなわち木星、土星、天王星、海王星が一直線上に並ぶ。これは百七十五年に一度しか起こらない珍しい天文学上の事象だが、千載一遇のこの機会を利用して太陽系の果てまで惑星探査機を送り出そうという構想が、いわゆるグランド・ツアー、計画である。

打ち上げから十二年、海王星までの飛行距離は実に七十一億キロに及ぶ。その間、ボイジャー2号は木星から海王星に到る惑星の素顔を地球に送り続けただけでなく、惑星を囲む不思議なリングの実態や新しい衛星の発見など、驚くべき事実を次々と明らかにしてくれた。われわれの期待以上の成果をあげて、ボイジャー2号はまさに太陽系大航海を完遂したのである。

ちなみに、ボイジャー1号は、1977年に打ち上げられているが、このボイジャー1号は、今でも運用がされている。太陽の影響圏より、広大な星間空間へと遷移する空間を運行している。

-宇宙

執筆者:

関連記事

no image

電波望遠鏡により観測技術が格段に上がった

星が銀河系という集団をつくって、その銀河系が一様に分布していて、その銀河系は長い間姿をかえない、それは非常に遠くまで見える「遠くを見るというのは過去を見ることですから、過去を見ても同じような銀河がある …

no image

物理学と観測事実の進展につれて

今日語られている多くの内容は、物理学と観測事実の進展につれて、大きく変容していくと予想される。われわれは決して百パーセントの解明にむかって進んでいるのではない。解明されてきたことの総量はどんどん増えて …

no image

近未来の高エネルギー現象

湯川の飛躍は、ありもしないもの、を導入した点にある。もちろん彼には自信があった。電磁気力には、光というauanta(量子)がある。従って、核力にも新しいduantaがあるはずだ、と。一九二五年に、原子 …

no image

われわれは常に加速度運動をしている

われわれは地上にじっとしていて日夜重力を感じている。アインシュタイン流に言えば、われわれは日夜加速度運動しているという話になる。じっとしているのに加速度運動している、これは一見矛盾ではないですか?とこ …

no image

ガガーリンの名言「地球は青かった」の時代

一九六一年四月十二日、ソ連はユーリ・ガガーリンの乗った史上初の有人宇宙船「ヴォストーク1号」を地球周回軌道に打ち上げ、世界を興奮の渦に巻き込みました。「地球は青かった」というガガーリンのことばは、宇宙 …