雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

雑学

火星の月を予言したガリバーのジョナサン・スウィフト

投稿日:2017年8月13日 更新日:

火星の月を予言したガリバーのジョナサン・スウィフト

太陽系の4番目の惑星であり、地球の隣にある火星。

その火星にフォボスとダイモスという名の2個のお月さんがあるというのは天体ファンでなくてもかなり知られているが、18世紀の初期にその存在を予言した作家がいたことはあまり知られていない。

イギリスのジョナサン・スウィフト

その作家はイギリスのジョナサン・スウィフト。

あのガリバー旅行記を書いた人といえばピンとくるだろう。

ガリバー旅行記は

ガリバー旅行記は

ガリバー旅行記は、ご存じの通り、ガリパー船長が世界のあちこちを旅して、様々な冒険をするというストーリー。

当時のイギリス社会を風刺したこの小説の中に、例の予言のくだりがある。

大人国や小人国を歴訪したガリバーは

大人国や小人国を歴訪したガリバーは、空に浮かぶ飛島、ラピュタ島にたどりつく。

この島の住人は鳥人間で、天文学の水準もかなり高い。スウィフトは、ヨーロッパの天文学はその足もとにも及ばないと、皮肉たっぷりにこう記している。

現在の計算では

「彼らのはまた火星の周囲を廻転する二つの小星、すなわち衛星を発見しているが、その内側のものは主星の中心からその直径の三倍距離、外側のものはおなじく五倍距離にあり、前者は十時間、後者は二十一時間半の周期で廻転している」。

現在の計算では、フォボスとダイモスの軌道はそれぞれ、2.76と6.9倍だから、実に正確な予言と言えるだろう。

これには裏がある

これには裏がある

ところが、これには裏がある。

火星に二つの衛星があるということは、ガリバー旅行記の24年後、ドイツの作家、エバーハルト・クリスチャン・キンダーマンの小説、飛行船早回り世界一周物語、18世紀フランスの啓蒙作家ボルテールの風刺物語、ミクロメガスの中でも、火星には2個の月があると書かれている。

当時のヨーロッパ社会では

つまり、当時のヨーロッパ社会では、火星日衛星説は常識だった。というのは、あの偉大なドイツの天文学者ケプラーが、火星の衛星は2個あると言っているからだ。

ケプラーはこう説いている。金星には衛星がない。地球には一つ。火星の向こうにある木星には四つとすると、火星に衛星があるとすれば二つ・・と。

このケブラーの推理をスウィフトやボルテールが読んでいた、というのが今では定説となっている。しかし、スウィフトがなぜ、衛星の軌道まで知っていたのか。やはり、偉大な予言と言える。

-雑学

執筆者:

関連記事

生豆使用量が5グラム以上ならコーヒー

自販機で100円の商品がある理由

自販機で100円の商品がある理由はなぜか?たまに通常130円の缶飲料を100円とか110円で売っている自動販売機を見かける。ジュース代を節約したい方なら、100円でジュースが買える自動販売機を、一度は …

ベートーベンは耳が聞こえないのにどうやって作曲をしたのか?

ベートーベンは耳が聞こえないのにどうやって作曲をしたのか?

ベートーベンは耳が聞こえないのに ベートーベンは耳が聞こえないのにどうやって作曲をしたのか。知らない人がいないほどの大音楽家べートーベンだが、耳が聴こえなくなったり、生涯結婚しなかったりと、暗いイメー …

田舎のほうはドコモの電波塔の数が多い

昼の蚊と夜の蚊は種類が違う

昼の蚊と夜の蚊は種類が違うのをご存知だろうか。 蚊はゴキブリと並ぶ夏場の嫌われもの 蚊は、ゴキブリと並ぶ夏場の嫌われもの。夏になれば、蚊に刺されてかゆくてたまらないというのはよくあることだ。よく血を狙 …

世界各地の鉄道やバスの乗車券予約を取り扱うH.I.S.本社

徒歩1分が80mだと不動産広告で計算されているのは何故?

不動産広告で徒歩1分を80メートルと計算する理由はなんでしょうか、ご存知でしょうか?不動産の表示に関する公正競争規約の施行規則では、徒歩による所要時間は、道路距離80メートルにつき1分間を要するものと …

サイコロは、もともとはご神託を受ける祭具

日の丸の国旗っていつからはじまったの?

日の丸といえば、誰もが知っている日本の国旗の白地に赤い丸だ。日の丸は太陽を表わしたもので、古くは七世紀の大化改新以後、朝廷の儀式に使われたり、平安末期には扇に日の丸を描いた日丸紋が用いられたりした。 …