雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

重ね着のコツ-防寒に有効な手段とは?

投稿日:

・重ね着のコツ

重ね着のコツは、乱暴な言い方をすれば、寒いと感じたならとりあえず服を何枚か重ねれば良いわけで、重ね着は防寒対策に有効な手段です。でもこの重ね着にも賢い方法があります。たとえばワイシャツを中心に考えてみましょう。ワイシャツの上にスェーターを重ねるとしましょう。これは上の重ね着です。ワイシャツの下にウールの下着を重ねればたしかに暖かくなります。でもこれは下の重ね着ですね。部屋のなかに入り、暖かくなってきたとき、下の重ね着の場合、失礼して一枚脱ぎます。ということはできません。

ところが上の重ね着の場合なら、スェーター(セーター)を脱いでワイシャツになることは可能でしょう。下へ下へと重ねていくのではなく、上へ上へと重ねる。ひと言で表現すれば上に厚く、下に薄くということです。なにか禅問答のようですが、これは本当のことです。つまり堂々と脱ぐことのできるもので重ね着をするのがコツなのです。これが上に厚く、下に薄くということなのです。あるいは、上へ上へと重ねるという言い方の本当の意味なのです。

本当に暖かいコートを上手に使うこと

結局のところ、本当に暖かいコートを上手に使うことが、重ね着上手の名人なのです。もう少し具体的な説明をしましょう。通常の服は室温のなかでちょうど良いくらいに調節する。ことに下着は薄くしておいたほうが良いでしょう。つまりそれほど厚着をする必要はありません。でも外に出ると寒い。そのときにはしっかりと防寒対策をする。帽子、マフラー、手袋、コート。なかでもコートは薄着の上に一着羽織っても、充分暖かいものにします。

裏に毛皮をあしらったコートはそれ一枚で暖かい。あるいは極上のダウンだけを詰めたコートも同じことですね。まとめポイントとしては、重ね着は上に厚く、下に薄くが鉄則であり、通常の服は室温のなかでちょうど良いくらいに調節するなどといったことになります。重ね着をする場合は、これらを意識しましょう。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

自分だけのベルトを作る-つくるよろこびを味わいたい方におすすめ

・自分だけのベルトをつくってみる ジーンズをはくことがありますか?私なんかも毎日のようにはいています。ジーンズを上手にはくのに欠かせないのが、幅広の、しっかりとしたべルト。今どきジーンズをはかない人は …

no image

フォーマルベストの活用法-チョッキだけでドレスアップ

・フォーマル・ベストの活用法 実は、チョッキだけでドレス・アップする方法があります。それは、パール・グレーのフォーマル・べストです。もちろんパール・グレーとは限らず、広く淡いグレーのチョッキならまった …

no image

替え上着の賢い着こなし術

・賢い替上着の着こなし方 替上着を何着持っていますか?たとえばツイードなどのスポーツ・ジャケットのことですね。私の場合、本当に愛着があるのは一着か二着くらいです。でも、それで充分だと思います。正しくは …

no image

インナーはノースリーブがおすすめなワケは?

ディナーなどで、ちょっと肌を見せて華やかにしたいときに、ノースリーブは便利です。二枚で着たときに、腕の部分に変なもたつきを出さないためにも、インナーはノースリーブがおすすめ。ノースリーブですと、ジャケ …

no image

エルメスのバーキンの魅力に魅せられてしまったある女性の話

・ブランドバッグの本当の威力 よく、二十歳になったら、バーキンなんてフレーズを雑誌で目にしますが、私の場合は、三十代の頃は周囲が持っていでも、エルメスのバッグにそれほど興味はありませんでした。というよ …