雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

傘の家族が必要な本数は2本

投稿日:

傘は家族がそれぞれ2本ずつもっていれば十分だ。もちろん折りたたみ傘も含めてである。出先で雨に降られるたびに傘を買っていて、気がつくと傘立てに入りきらないほどあふれていた、なんていう話はよく聞くが、ほかに、お客様に貸したりする予備の傘が2本ほどあればいい。それ以外はきっぱり処分してしまおう。安い傘を何本ももっているより、上等のお気に入りを1本もっていたほうが、かえって大事に使うものでもある。なお傘を捨てる場合は、不燃ゴミ扱いとなる自治体が多いが、布製のものは骨と布を分けて処分したほうがよいだろう。

事務用引き出しが意外に便利

へアピンにカチューシャ、クリップ、バレッタなどなど、多種多様なので、全部同じ引き出しなどに入れておくと、ゴチャゴチャして取り出すのも大変。へア用のおしゃれ小物は、小さなものが多くて、なくさないように収納するのが大変。そこで事務用の小さな引き出しを用意。上段は浅い引き出しなので、ここにはピンやゴムなどの細かいものを収納し、下段の深い引き出しにカチューシャやバレッタなどを収納するのである。これを洗面所に置いておけば、なくす心配はなくなるし、見た目もスッキリする。

古い宝石の輝きをもどすワザ

宝石は親から子へ、そして孫へと何代も受け継がれていくものである場合も多い。ツヤをなくしたアクセサリーは捨ててしまってもいいだろう。しかし、それが高価なジュエリーならとんでもないこと。そういうときは、捨てる代わりに生まれ変わらせてあげよう。それがリカットで、つまり研磨しなおすこと。削られるわけだから、いくぶん小さくなるのは避けられないが、それでも、リカット料金が多少かかっても、新しく買うよりうんと安上がりだ。

コンパクトに収納できるすぐれ物は?

35mm用、4×5用、6×6用の3種類があるので、ピアスなどの小さなアクセサリーは35mm用にといった具合に、サイズを選べばいい。ピアスやイヤリング、指輪など細かいアクセサリーを見た目すっきり、しかもコンパクトに収納するすぐれものがネガフィルム用のアルバムである。透明なので、中身を探すのも簡単だし、一つ一つのアクセサリーを別々に収納できるので、ゴチャゴチャからまる心配もない。見た目が美しく、しかも機能的でコンパクトに収納できる。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

子供用の収納グッズを自分で作る

・子ども用収納グッズを作ろう 小さいものをゴチャゴチャにすると、部屋や玄関はとても散らかってしまい、雑多な印象になるものだ。おもちゃ、へアピンやゴム類など、子供ものものはどれもこれも小さくてかわものば …

no image

歯磨きや歯ブラシ類の収納方法

・歯磨き、歯ブラシ類のしまい方 出しっばなしにしていると、生活感が漂って、見た目によくない。洗面台には、よく歯ブラシや練り歯磨きを入れておくポケットがついているが、家族が多かったり、電動歯ブラシなどの …

no image

物の分類や分別を行う

不要だからといって、すべてゴミというわけでもありません。始末にも、いろいろな方法が考えられます。口人に譲るこれはもっとも簡単な方法です。ただし、人が不要品を引き取ってくれるかどうかには、疑問もあります …

no image

捨てづらいぬいぐるみの保管方法

・捨てづらいぬいぐるみの保管方法 大きなビニールに入れて天袋に置いたり押し入れの隅に押し込んだり、しまい場所がなく苦労している人は多いだろう。おもちゃと同様に、ぬいぐるみもいったん買ってしまうと、愛着 …

no image

下駄箱のあふれた靴の収納方法

4~5人家族では、とうてい玄関の下駄箱には収まらない。あらゆる方法を使っていらないものを処分しても、靴はシーズンごとに増えていく。箱に入れて、別の場所に収納するのも、すでに限界という場合もある。それで …