雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

比較的軽いものをつるとき

投稿日:

家の壁などに比較的軽いものをつるときには、市販の「タイル用フック」などで大丈夫ですが、重いものを取りつけるときやしっかりさせたいときは、「カールプラグ」を使います。ただし、コンクリート壁に下穴を開けるためには、電動ドリルやコンクリート用のビットが必要になります。

ねじやくぎを取りつけたのに、緩んでしまって安定しないのは、壁に合った金具を使っていないために起こる失敗です。こういった失敗をしないように、壁に合った金具を用意する必要があります。

柱が入っているところを調べるには、壁をげんこつでこつこつと水平方向にたたいてみます。よく聞くと音が響くところと響かないところがあります。響かないところには柱が入っているので、くぎやねじが使えます。

石膏ボードやベニヤ板が張られている中空壁にくぎやねじをつけても、間柱や胴縁と呼ばれる柱にくぎやねじが打ち込まれていなければ緩んでしまいます。気を付けなければいけません。

薄いべニヤにものをつるす場合

建築基準法に基づく防火のため、住宅の壁材は、ここ十数年来べニヤに代わり耐火ボードが主流となっています。コンセントプレートやスイッチプレートをはずすと、壁が何でできているかがわかります。

耐火ボードの厚みは9〜15mmで、一般には、30cmか45cm幅の間隔で入れてある下地の木に止めてあります。これがいわゆる中空壁といわれているものですが、こういった壁や4mm厚ぐらいしかない薄いべニヤにものをつるす場合は、できるだけ木の芯が入っているところに木ねじを使って止めるようにします。

石膏ボードの場合で芯の入っていないところには、モリーアンカーかトグラーという金具を使います。

よくわからないときは、その場所に足の長いプッシュピンを刺してみて、通れば中空壁ですから、モリーアンカーやトグラーを使います。吊るすものの重量が心配のときは比較的強度のあるモリーアンカーを選んだほうがいいでしょう。どちらもスイッチプレートをはずして壁の厚さをはかり、適したサイズの金具を選びます。

文章にすると難しく感じるかもしれませんが、やっていけばそれほど難しくはありませんので、是非、チャレンジしてみましょう。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

風邪薬の使用期限は開封後1シーズンだけと思っておこう

・開封したカゼ薬は1シーズンだけ パッケージには使用期限が書いてあるが、これはあくまで未開封のときの期限でしかないことを知っておこう。家庭常備薬の代表で、町の薬局でいちばん売れるのがカゼ薬。いったん開 …

no image

流しの詰まりの掃除方法

詰まりの元凶は油。このごろは、料理に使った油をそのまま流しに捨てる人はあまりいないでしょうが、食器に付いた油などがだんだんパイプの内側に付着してパイプの内径が細くなり、そこにゴミなどが引っかかり、詰ま …

no image

障子の桟のDIY補修方法

・桟の補修 桟は細い木でできており、折れたりすることがあります。こんなときは、折れた部分に木工用接着剤を付け、固まるまでテープなどで固定します。折れ方がひどかったり、片方がなくなったりしているときは、 …

no image

排水管の詰まりの掃除-パイプを分解する方法

排水管の詰まりは、排水パイプを分解する方法もあります。U字型のパイプは掃除の意味もあるので、この方法をおすすめします。U字の部分を止めているナットをプライヤーでゆるめて外した後、直管部分を外します。外 …

no image

物の分類や分別を行う

不要だからといって、すべてゴミというわけでもありません。始末にも、いろいろな方法が考えられます。口人に譲るこれはもっとも簡単な方法です。ただし、人が不要品を引き取ってくれるかどうかには、疑問もあります …