雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

カラザスは民主主義への貢献の精神解明のため入念な仕事をした人物

投稿日:

カラザスは、レーガン時代に民主主義への貢献の真の精神解明のため、実に入念な仕事をした人物である。彼自身はレーガン時代に国務省が中南米で行った民主主義拡大プロジェクトの一員だった。彼は学者としての観点と、政府内部の人間のそれとを結びつける。米国政府の影響が最も少なかった南米大陸の南部地域では、民主化に向けた進展が見られた。カラザスはこうしたプロジェクトを誠実な失敗にすぎなかったと見ている。米国政府はきわめて非民主的社会の基本秩序を維持し、人民主義に基づく変化を避けようと努めた。

カラザスは、レーガン主義のアプローチに対するリべラル派の批判は認識しているが、それには永遠の弱点があるとして退ける。米国政府の影響が最も大きかった場所では、最も不首尾に終わった。レーガン政権はそれを妨害しようとしたが、最終的には容認した。標的にされた民衆は、自国にもちこまれた民主主義の性質をよく見抜いている。カラザスは、この時代に意味ある民主義が芽唯えた地域で、その脅威の芽を摘むべく献身的な努力が続けられたことに関しても触れていない。

ラテンアメリカで正規の民主主義が広まるにつれ

ラテンアメリカで正規の民主主義が広まるにつれ、幻滅が高まっているとは、たびたび言われてきた。民衆が自らの問題に対処する上で発言力をもてるようにする選択肢は、その代案にはなりえず、却下されるまでもない。何年か前にアルゼンチンの政治学者アティリオ・ボロンが指摘したように、中南米における民主化の新たな波と同時に市場自由地のネオリベラルな経済改革が起こり、そのために本当の民主主義が阻害されているからである。

戦後のブレトンウッズ体制は資本規制とかなり固定された相場に基づいたものだった。それは、経済的な利点を期待する。実際にも効果があっただけでなく、きわめて人気のある社会民主主義的な政策を実施する余地を政府にもたせるためのものでもあった。一九七〇年代にネオリべラルな時代の幕開けを告げた金融の自由化は、民誌義的な選択の機会を減ら決定権を投資家と金融関係者からなる事実上の議会の手に委ねるものだと理解された。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

ソ連の崩壊によって左翼のテロリズムは消滅したも同然となった

レーガンとブッシュがニカラグアなどの地域で実行した国際テロは存在しなかったことになり、最悪の場合でも不注意による偶発事とされるか、非人道的行為を終わらせるために尽力する理想的な新しい世界の指導者たちが …

no image

生物・化学兵器は非難されるべきものとなっている

マスタードガスの使用に対して同盟国、連合国双方に広範な批判が広がった第一次世界大戦以来、生物・化学兵器は非難されるべきものとなっている。リアリスト的側面は単純である。大量破壊兵器は、拡散を引き起こす深 …

no image

歴史にはそれと認識できる方向と目的がある

歴史にはそれと認識できる方向と目的がある。世界の国の中でアメリカだけが、歴史の目的を理解し明示しているという考えだ。従って、アメリカの覇権は歴史の目的を実現することであり、この国が達成するものは共有財 …

no image

セルビア空爆はまぎれもない人道的介入のケースだと結論

空爆前に殺されたアルバニア系住民は多くはなかったが、これが殺害と民族浄化の大規模な作戦の前触れになること議報機関から示されたからだ。やはり、信頼するに足る情報源は明記されていない。ウィーラーはセルビア …

no image

アメリカへの麻薬密輸に使われるのを防ぐことを規定

パナマの場合、侵攻を実現させるために有無を言わさぬ主張がなされた。トマス・ピカリング国連大使が安全保障理事会に説明したところでは、国連憲章の第五一条は他国を防衛して、我々の国益と国民を守るために軍隊を …