雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

体の負担をかける食べ物や消化の悪いものは控える

投稿日:

運動によって消化力をアップさせ、健康レベルを向上するには、三つのポイントに留意することが大切です。運動は体力の五〇%まででやめる、毎日おこなう、日中おこなう。意外かもしれませんが、体力の五〇%以上の運動は運動しすぎです。ヴァータを乱し、消化力を不安定にします。体力の五〇%の目安は、鼻で息をするだけでは足りず、口で呼吸をしはじめる程度、もしくは、うっすらと汗をかくくらいです。

食事量を減らしても太っていくことに気づいた方は、たいてい筋力を増やして代謝をアップさせようと運動に励みます。でも、運動のしかたを間違えて、効果を出すことができないばかりか、かえって消化力を落としてますます太りやすい体質をつくってしまうことがあります。また、一日に食べる量は少なくても、こまめに食べたり、夜遅い時間に食べているためアーマをつくっているケースが多くあります。正しい食べ方を実践しましょう。

また、体に負担をかけ、消化力を落とし、睡眠の質も下げてしまうので、ぜひ日中に運動するようにしましょう。夕方以降は、体のさまざまな機能が低下するので、運動をするのにふさわしくありません。また平日は忙しいという理由で、週末に集中して激しい運動をする方がいますが、これもヴァータを乱します。

消化力が極端に弱まると

あと、消化力が極端に弱まると、食事をとっても吸収することができないため栄養が流れ出てしまい、体の組織がきちんとつくられないといったこともあります。いくら食べても太らず、不健康に痩せてしまう。これは、食べないのに太っていくというケースよりも、さらに消化力が低下してしまったケースです。

以下に消化しにくい食事をあげておきます。砂糖、卵、ナッツ類、牛肉、豚肉、魚、アボ力ド、桃、バナナ、オレンジ、メロン、イチジク、プルーン、揚げもの、冷たいもの。新米、小麦製品、豆腐、さつまいも、ゴボウ、運根、キュウリ、トマト、ヨークルト、チーズ、などです。気をつけましょう。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

20年間の片頭痛の症状を緩和したあるハーブの奇跡

・二〇年間の痛みと苦しみが去った 彼女は片頭痛の古典的なすべての症状に苦しめられた。視覚の乱れ、光に対する過敏性、不明瞭な発言、ずきずき痛む頭痛、そして幅吐である。よくトイレに一日巫っていました。吐き …

no image

飢餓状態の断食で得た大きな健康効果

もともと人類の歴史を振り返ってみますと、つい最近まで三百万年の間はつねに飢餓の時代でした。私たちの祖先は、氷河期、大雪、日照り、洪水、動乱、戦争などによって起こる飢えの時代を生き抜いてきたのです。こう …

no image

食事が正しく代謝されないと危険

食べたものは、口・胃・腸で消化吸収されて、血液循環を経て肝臓に到着します。ここで、わたしたちのからだの部品を作る、基礎的な物質に代謝されます。その物質をもとに7つの組織が、順を追って作られていきます。 …

no image

今日食べたものがオージャスになるのには時間がかかります

消化力がよい状態にととのうと、消化のプロセスにそって、四つのサインがあらわれます。一つ目は体の機能が向上する。食事がちゃんと体の組織やエネルギーに変換されていくので、全身のさまざまな機能が活性化されま …

no image

瞑想は頭の中を空にしたい時やさわやかになりたいときに良い

瞑想でしていることは、単にアタマの机の上のメモ用紙の片づけです。アタマがさわやかになり、のびのびとリラックスできます。すると、アタマの考えるスペースに余裕が出てきます。緊張が取れてきます。すると、さら …