雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

カパを減らすにはどうすればいいのか?

投稿日:

・カパがいちばん多い人

カパを適切にととのえれば、重さや停滞の質は、安定性という長所として発揮されます。カパが乱れると、重く暗い気分になり、思考や行動が鈍くなっていきます。現在は過剰なカパの影響で、心と体に重さ、停滞の質が増えて、さまざまな機能の鈍さを実感しているかもしれません。冷えや眠気、消化不良、肥満傾向があらわれ、アレルギーなど粘液に関連した症状が出ることもあります。

自分を過小評価して内向的になり、ひとつの考えにガンコにこだわったり、ものに執着する傾向もでてきます。でも、過剰なカパは、軽さと動きの質を自分にとりいれるケアをおこなうことで、中和していくことができます。あなた自身に、落ち着き、愛情に満ちたおだやかさ、寛大な包容力、思慮深さ、辛抱強さ、堅実さ、持久力などの形であらわれるようになります。

実践したいこと

過食をしないようにしましょう
長時間の空腹を避けましょう
新鮮できれいな空気を吸いましょう
一日に一度はリラックスできる時間を取りましょう
目の使い過ぎを避け、疲労しないよつにしましょう
綿密性、正確性、律儀さにこだわりすぎないようにしましょう
無益な討論や議論を避けましょう
欲しいものや望む状況を我慢しつづけないようにしましょう
朝日や夕日を眺めましょう
生活に変化をつけ、マンネリ化しないよつに気をつけましょう
気分を変えるために、新しいことにチャレンジしましょう
過度にものをため込まないように気をつけましょう規則的に運動をしましょう
早起きと朝のシャワーを習慣づけましょう
洗髪後、髪はできるだけ早乾かしましょう
日中ゴロゴロせず、体を動かしましょう
体を温か保ちましょう
過度な怒りを避けましょう
過度な興奮を引き起こす刺激に触れないようにしましょう
体重を増やさないようにしましょう
親しい友人にやさししてもらいましょう
孤独にならないようにしましょう
過食をしないよう、とくに気をつけましょう
昼寝をしないよう、とくに気をつけましょう
間食をしないよう、とくに気をつけましょう
一日に一度はリラックスできる時間を取りましょう

-健康

執筆者:

関連記事

no image

日常生活の中に潜む悪影響は色々ある

電子レンジマイクロ波は食品の電磁構造を変化させ、不自然で生命エネルギーのない食品にしてしまう。電子レンジからもれるエネルギーは、周辺のものに悪影響を与える可能性がある。蛍光灯蛍光灯の光は不自然で、頭痛 …

no image

若者の早すぎる性行為は成長過程で問題を起こす

よく「若いうちから性行為をすると、あたまが悪くなる」といわれます。何の根拠もない主張のように思われていますが、これはいいかげんな話ではありません。実は根拠があります。 アーユルヴェーダには、「青年期ま …

no image

体温が低い場合の対処法

女性には低体温症が多くみられ、平熱が三六度に届かない方もいます。体温が低いということは、同時に筋肉や骨も監で、スタミナに乏しく、慢性的に疲れやすさやだるさが生じる状態であるといえます。免疫力も低いので …

no image

大腸炎に対する偉大な治療薬

・大腸炎に対する偉大なクスリ クローン病(腸壁の全層が炎症でおかされる原因不明の病気)や潰瘍性の大腸炎を含む炎症性の大腸の病気に対して、EPA・DHAカプセルを用いた新しい研究が驚くべき結果をもたらし …

no image

瀉血の効果は絶大-色々な病気の回復例

彼女はもともと極度の不眠症で、いつも強い睡眠薬を肌身離さず持ち歩いているほどでしたが、それがくっすりと眠ることができた。ある女性は若い頃からひどい肩凝りに悩まされていて、肩がカチコチになってどうにも動 …