雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

できるだけ自分の顔に合った色だけを選ぶようにする

投稿日:

キャミソールやチューブトップなど、インナーとしてのニットも活躍する機会が増えできた。インナーとして薄手のニットが活躍する。パリジェンヌは厚手のニットを好まない。なぜならば、秋から冬の主役はコートという意識が強いからで(実際ちょっと肌寒い一〇月には、すでにコートが必要なパリだから)、厚手のニットはコートには合わない。

服装に季節感がなくなっできている最近は、半そでやそでなしのニットも人気がある。でも、彼女たちだって寒いものは寒い。そんな冬の日には、スカーフが大活躍する。デザインは、冬でもVネックで大きく胸の開いたものをパリジェンヌは好んで着ている。ニットセーターの基本は丸首だが、防寒よりもつねに色気を大切にしている彼女たちのお気に入りはVゾーンが大きく開いているもの。あるいは大きく開いたスクエアカット。

鏡の前で顔に近づけ、もし今までに着たことのない色でも似合うと思ったら、ぜひ冒険しでもらいたい。新しい自分を発見できるかもしれないから。どのブランドともカラーは豊富に展開するようになっできたけれど、できるだけ自分の顔に合った色だけを選ぶようにしたい。

パリジェンヌは体にフィットするシャープなライン

ざっくりしたニットを着て体形を隠すのは、あかぬけないと見られていることをつけくわえておこう。ニットのシルエットとしでは、パリジェンヌは体にフィットするシャープなラインで知的な女性を演出するのが得意。

購入時のポイントは、一生モノとして買うのか、トレンド物として買うのかである。何年間着るつもりでニットを買うか。この問いに対する答えは難しい。ただし覚えておいていただきたいのは、本当によい素材のニットは、夏場大事に保管しつづけていれば、一〇年、いや一〇年だって着ることができる、ということだ。本当によい素材のニットは、何年でも着れるので、大事に保管しておこう。できるだけいいものを選びたいところだ。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

フォックス・カラーを斜めに巻きつけて

わずか数分のうちに、そのシーズンの最新トレンドは、ほぼ疑いようもなくなっていた。このショーから数カ月にわたって、多くのファッション誌が、今シーズンの注目トレンドは「ティペット」とも呼ばれるファー・カラ …

no image

衣類のクリーニングのような単純なことで徐々に寿命を縮めてしまう

政府は、パークが健康や環境に及ぼす影響の研究にさらに多額の資金を注入すべきだし、事業主ももっとお金を注ぎ込んで設備を新しくしなければならない。消費者も財布の紐を緩めて、高めの料金を支払うことを求められ …

no image

ハイヒールを履きこなす女性-ちょっと背のびをしたべつの自分

・ハイヒール選びは慎重に ひざ上丈のスカートが流行りだした一九三〇年代になっても、シャネルはひざは女の中で醜いところと、かたくなにひざを隠す丈のスカートをつくりつづけたそうだが、女性の足を美しく見せる …

no image

タートルネックセーターの着こなし術

・タートルネック・スェーター(セーター)の着こなし方 タートルネック・スェーター(セーターをスェーターとも言います)は、Vネックと並んで基本的なスタイルですから、たぶん一枚や二枚はお持ちでしょう。素材 …

no image

ハリウッドものに限らずどんなイベントでも成立するプロモーション契約

プロモーション契約は、典型的なハリウッドものに限らず、どんなイベントでも成立する。ほんの数年前には、PRさせてもらうことを条件に、エスカーダがジェニファー・ロペスのウェディング・ドレスを作ってますよ。 …