雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

カヌーツーリングにでかけたある家族の話

投稿日:

ある家族の話。カヌーツーリングにでかけたときのこと。ストラウス家のフランクとライラ夫妻、そして孫のソロモン君が一緒だった。翌朝荷物をクルマに積み込んでいるとき、そこに落ちている紙のお皿、拾ってくれる?と頼んだら、できないと言う。重すぎるんだそうだ。その日はカヌーを数時間、そして5のハイキングをこなしていた。3歳児には十分すぎるほどの運動量だ。

この日はフランクの誕生日で、楚き火のところでケーキを出してびっくりさせようと、日がとっぶり暮れるまで待っていた。当然子ども達もいつもより夜ふかしが許される。娘は泣き出し、次第に興奮してきた。皆がそれぞれできることをして助けあうものよ、と私が論してもパパがいいとこねるだけ。まだ午前10時だったから、疲労がたまるには早すぎる。その後すぐ、ちらっとクルマをのぞいてみたら中で子ども達は熟睡していた。トッドは彼女に紙皿を拾わせて、その手を支えてやりながら強制的にクルマまでの5キロを歩かせた。

私は驚き叱りつけたことをすまなく思った

シエラは泣きっばなし。私は驚き、叱りつけたことをすまなく思った。真夏に西部へ行ったときは、体内時計が時差ボケを起こした。お昼寝をパスしても大丈夫な子が、ちょっとの夜ふかしでこうなってしまうとは。たっぶり遊び疲れて眠い、でも明るすぎて眠れない。子ども達はいつもより何時間も遅く寝、翌朝はしっかり早起きさせられる。こんなとき私達親は、子どもが寝足りているか気をつけてあげたい。

すきま風が入ってきても豆料理が原因の悪臭が2人分でも、一つ布団でハッピーだった。結婚してから7年間、トッドと私は山へ行くと、シュラフをジッパーでつないで一緒に寝ていた。ところが出産、いや妊娠を境に私が脱落。夜中に何度も起きてあやしたり布団をかけ直したり、自分自身もひんばんにトイレ通いをするわけだから、これ以上安眠を妨げる要素を持ち込みたくなかった。ところがトッドは、古きよきあのころを懐かしんでいる家族だった。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

キャンプ場での色々な注意点

キャンプ場での色々な注意点などについて紹介していこう。キャンプ場に着いたらまず、キャンプ場管理事務所に行って受付をすませます。多くの場合、テントを張る場所は指定されているが、もし自由に選べるとしたら、 …

no image

アウトドアに出かける際の服装や持ち物

初夏のころ、ブナやミズナラの大木の幹の中では、盛んに水が吸い上げられている。そうした水音を聞きたい人には聴診器が必要だ。さらに長期にわたるウォーキングの場合には、用心深い人なら身分証明書や保険証を持っ …

no image

亜高山帯の植物や低山帯の植物

低山帯から上の地域は亜高山帯である。標高約一七〇〇~二五〇〇mで、木の種類が多様ではなく、比較的単調な針葉樹林から成り立っている。高木はシラビソ(シラベ)、オオシラビソが主で、これにトウヒ(エゾマッの …

no image

自転車トレーラーでツーリングを楽しもう

自転車用のトレーラーは、かなりのメーカーが作っている。子どもだけを乗せる軽量タイプから、子どもも車椅子も乗せてしまう、荷重容量がへビーなタイプまでさまざまだ。標準より細身で軽量な、ソロ・トレーラーと呼 …

no image

何故山に登るのか

なぜその山に行くのか。それには何よりも、わが国の季節の特徴を知っておくことが大切である。一月なら鳥を観るなら冬鳥の季節である。低山の麓に点在する沼や溜め池に鳥達類が来ているはずだ。梅の花のつぼみもふく …