雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

カヌーツーリング-おすすめは慎重に慎重を重ねた気楽なプラン

投稿日:

カヌーツーリング。
子ども連れのツーリングには慎重に慎重を重ね、短期間の気楽なプランでスタートする。カヌーでは、なんといっても怖いのは、分不相応に野心をたぎらせている人。つまり無謀ということ。リスクのレべルを上げるなら、親の腕は確かなものであること。沈して溺死、というのはあっという間のできごとだ。コースは、中断したいときにはいつでもできるようなところを選ぶ。ツーリングは、できるだけソロを避けよう。

3艇はほしいところだが、難しいなら2艇でも。子どもが怯えていたり、非常時の対処法を理解していないなら、出遭はいさぎよくあきらめる。親の冒険心など、子どもの命の前には何の意味もない。子どもに気をとられてパドルを流してしまったり、何かにぶつかったりすることもある。人里離れた別天地というのはリスクも大きいから、グループでのツーリングは保険に入るようなものなのだ。

グループ・ツーリングにはメリットがある

グループ・ツーリングにはメリットがある。クルマが2台以上あれば、悩みも解消。ツーリングの終点で、カヌーを水から上げてもクルマがないというのでは不便このうえない。一家族だけで出かけるのなら、公共交通機関などが併走していてクルマを取りに戻れる川や、湖にしよう。往復して同じ登山口に戻ってくるハイキングとは違う。要注意は、ひたすらゴールを目指して競艇なみに燃える人が率いるクラブ。

小さな子どものいるのんびり家族は当然ついていけない。子ども達がカヌーに慣れ、また友達もできるようにと、多彩なプログラムが用意されていて至れり尽くせり。そういうのが見つかればラッキーだ。カヌークラブのなかにはおもしろそうなのがあり、家族で経験を積むのにいいかもしれない。反対に、家族連れと見るや、両手を広げてウエルカムなクラブもある。近くにカヌークラブがない場合は、経験のある人に教えてもらおう。マニュアル本で独習も可能だが、ベストは講習を受けること。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

キャンプ車でおすすめの車種は?アウトドアで車内泊可能で荷物の収納スペースが広いのは?

キャンプ車でおすすめの車種は、どんな車種か。また、アウトドアで車内泊可能で荷物の収納スペースが広いのはどんな車種なのか。アウトドアにいくなら、アウトドアに適した車で出かけたいものでしょう。 そして、車 …

no image

スターウォッチング入門ツアーに-双眼鏡を持って出かけよう

スターウォッチングしよう。天体観測はあなたに大きな感動をあたえるだろう。あなたも二二〇万光年かなたの大銀河、アンドロメダ大星雲を肉眼で見ることができる。双眼鏡や天体望遠鏡がなくてもかまわない。 持って …

no image

アウトドアの危険な経験

ナイフェッジを渡りかけていた少年達を、見知らぬカップルが強引に止めさせ、引き返すよう説得しているところだった。トレイルの途中には分岐があり、一本はナイフェッジにつながっている。これは間違った方向だ。両 …

no image

山での行動食でのおすすめは何?

お昼の弁当といえば、昔は手作りのおにぎりかサンドイッチと相場が決まっていましたが、昨今ではコンビニのおにぎりが主流です。日帰りのハイキングなら、それで問題ありません。行動中、昼飯に相当する食事は行動食 …

no image

明日はあの山-次にチャレンジするという楽しみを持とう

ある山の頂上に立った時、別の山の頂上を見、次はあの山にしよう、と考えたそうですが、街の中に下りてその時の登り方などを反省し、さらに次の山に思いを馳せる、この繰り返しで山登りは面白くなっていきますし、街 …