雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

カヌー散歩はストロークの基本をモノにしてから

投稿日:

カヌー散歩はストロークの基本をモノにしてから。
カヌー遊びで、静水をのんびり散策するにしても、ストロークの基本をモノにしてから。まずストロークのきき腕を決める。今日は右で明日は左、というのはよくない。水面側の引き手はパドルの中ほどを握り、空中側の押し手はグリップのトップ部分をカバーする。押し手が力を込め、引き手は船体にぶつからないようガイドする。ストロークは腕力だけに頼らず、上体全部で力を入れる。

パウにいるパドラーの役割は、動力としてカヌーを進めること。グリップをひねってパワーサイドを外方向に押し出し、歪みかけたカヌーのへさきを元に戻す。スターンプライは、ストロークの終わりにプレイドを上に向け、水を持ち上げるようにパドルを引く。スターン側のパドラーはカヌーが直進するようステアリングに気を配る。このステアリングに使われるのがJ・ストローク。パートナーとの息の合わせかたもだんだんわかり、直進するコツがのみこめてくる。

カヌーを真横に移動させたいときには

カヌーを真横に移動させたいときには、ドローというテクニックを使う。カヌーの全長方向にパドルのプレイド面を向け、引き寄せるようにストロークする。岸に寄せたいときゃ、川幅の狭いところで活躍するストロークだ。子どもがパドリングに参加するようになると、親は両ポジションを状況に合わせてこなすことになるから、バウとスターン、両方できるように練習しておこう。風が出てなかなか進まないとか、もう少し安定感がほしいという場合は、パドラー(とくにバウ)がシートから降りてしまうとよい。

荷物の積みすぎに注意する。一度フネに乗ったら、じたばた動かずじっと座っているよう、子ども達にはしっかり言い含めておこう。でないと転覆してしまう。30年以上も公認インストラクターをしている専門家によれば、クラス2に挑戦する前に親子で流水での講習を受けておくべきだそうだ。水に慣れて自信がつくまで、レベルを上げないこと。ガンネルに寄りかかって、水と戯れるのが子どもは大好きだ。バランスが崩れるから、身を乗り出さないでと、何度注意してもそのときだけ。非常時の対応を教え、年齢によっては泳ぎもマスターさせておきたい。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

子供の成長過程で挑戦するバックパッキング

ある家族のバックパッキングの話。ジェフ・リッキーの子連れバックパッキングは、タフさが違う。奥様のジュディに腕力が期待できないから、ジェフが全装備を背負ったうえ、赤ちゃんトーマスを前掛けのキャリアで運ん …

no image

子供と歩くハイキング-疲労や空腹、喉の渇きを見逃さない

ハイキング中は、息が上がらない程度に同行者との会話を楽しむよう、導いてあげよう。疲労の問題だけでなく、家族と離れて先々進んでしまうのも心配だから、彼らのペースには親も常に注意すること。大人が1人、先頭 …

no image

登山家の凍傷の危険

登山家の凍傷の危険。 山には森の木陰が多い。また高度が上がれば比較的、涼しくなるために熱中症になることはあまりない。逆に防寒の準備が不十分のまま寒さにさらされると、顔面や手足などの体の末端部が低温とな …

no image

登山初心者は日記をたくさん書くようにしよう

さあ、登山に出よう。玄関から一歩外に出れば、そこがまさにアウトドアの始まりです。いつもとはちがう、ゆったりとした時の流れに身を置こう。週が明けたら、あなたの、そして子供たちの目は、絶対に澄んでいる。ワ …

no image

山で現在地がわかるように地図を広げてながめることから始めてみよう

べテランはガスがかかって視界が悪い時などでも一瞬のガスの切れ目などを利用して絶えず現在地を確認しているものです。ぜひ地図を広げてながめることから始めてもらいたいと思います。見通しがよく、天気もよい時に …