雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

風でカヌーのスピードが落ち流されてしまうこともある

投稿日:

風でカヌーのスピードが落ち流されてしまうこともある。
幼い娘2人にとって、水面下の世界をのぞくのは、それほど刺激的で楽しいのだ。もっともそれも、ある湖沼に出かけたとき一変した、とあるカヌー遊びに出かけた家族。3m以上もあるワニが、岸辺から水中に滑りこんだのを目撃、しかもカヌーからはたった1mの近さだった。それ以来、彼女達の手はフネのど真ん中あたりでしっかり握られている。カヌーは天候に影響されやすい。

とくに風は、カヌーのスピードも落ちるし、流されてしまうこともある。これで波が高くなれば、浸水や沈という危険もありうる。水温の高い時期に水没の練習をしておこう。一度体験しておけば、本当に沈したときも大あわてしなくてすむ。子連れなら、岸沿いの水上散歩が安全でおもしろい。どうしてもオープン・ウォーターを遭ぎ渡らないといけないときは、気象状況をモニターし、水面が落ち着いている時間を選ばう。

水上安全ルールの第一は

湖上では風の向きがいつ変わるとも知れず、風速も侮れない。四方からぶっかり合う高波をかぶって沈したりする。水上安全ルールの第一はやはり思いきりのよさにつきるのではないだろうか。雲行きが怪しくなってきたナとか、風が出てきたゾと思ったら、さっさと陸に上がってキャンプを張る。ちょっとぐらい時間が早くても構わない。嵐でなくても、山沿いの湖だと天気も激変する。山のまわりの風には独特の流れがあり、1日の決まった時間にシフトすることが多い。当然水面も多大な影響を受ける。

これを調べずに調々と浮かんでいると、突然の変化にパニックをおこしてしまうことも。子どもがいるのだから、運だめしはご法度だ。森のような日陰がない水上では、水面に反射する陽射しがけっこうきつい。ちょっと曇り気味でも、子どもの日焼け止めは徹底しておこう。空気中の紫外線が増えているから、そうでなくても傷つきやすい子どもの肌が受ける影響は大きい。日焼け止めクリームは、顔用なら最低SPF30、できればSPF50を数時間おきに塗る。自然食品のお店で扱っているものなら刺激も少ないだろう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

非常食と予備食を登山の際に用意する

ある人が登山の基本を勉強させてもらった山岳会の新人のときの話。ぼくは、母親に作ってもらった並サイズのおにぎり5個とあんばん3個、それに大福、カリントウ、チーズ、干しぶどう、ピーナッツ、あめ玉などを適当 …

no image

MTBやクロスバイクは街乗りと違い普通は24段変速

MTBやクロスバイクは普通24段変速。そんなにいらないんじゃないの、と思う人もいるだろう。しかし、トレーラーに子どもやキャンプ道具を積んで引っばる機会があれば、初めてそのありがたみがわかるのだ。変速つ …

no image

地図や方位磁石の見方に慣れておこう

基本的な予定は立てておくが、そこに着いてみて、不都合な点があったら、どんどん変更すべき。これを繰り返すと、地図を見て、「少し先に行ったほうがよさそうな開けた場所がある」といった判断もすぐにできるように …

no image

雪は水田や牧場を別世界に変える

雪は水田や牧場を別世界に変える。まったく違った、広大な雪原となるのである。水田から続いていた周囲のスギ林などの様相も一変する。山と呼ぶほどのこともなかった、ちょっとした斜面も、高山の趣となる。 野鳥観 …

no image

ハタネズミなどの平地の河原や畑の周辺にかけて棲息する生き物

亜高山帯以上ならニイガタヤチネズミが挙げられる。食虫類では平地から低山にかけて多いのが、ヒミズ(モグラの一種。日本特産)とアズマモグラ、コウべモグラなどである。これらは低山の動物といってよいであろう。 …