雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

カヌーシーズンまっ盛りの夏

投稿日:

カヌーシーズンまっ盛りの夏。
自前のカヌーがない人は、レンタルに走ろう。シーズンまっ盛りの夏、人気のある湖や川は多くの人出だ。子どもというのは、パシャパシャやっているなと思ったら次の瞬間にはもうすっかりびしょ濡れだったりするから、水が冷たいと風邪を引きかねない。子どもが小さいと、バドリングやポーテージは全部親がやることになる。8月下旬から虫が減り、9月に入ると人もまばらになる。夏休み前の6月ごろも、虫、人、ともにいなくて狙い目だ。

ただ、問題は水温で、これはやはり夏場が理想的。なるべくポーテージが少ないコース選びも大切だ。川には倒木や中洲、落ち込みといった障害があるから、流れをよく読んで危険を察知し、エスケープする操艇テクが必要である。コース選びにあたって、ビギナーは欲張らずに小粒なスタートを。カヌーの腕が上がったら、水量も流れもある川が自分を呼んでいる気がする。慣れるに従って規模を大きくしていく。

水上の違和感や不便に家族が慣れるための時間をあげよう

水上の違和感や不便に家族が慣れるための時間をあげよう。たとえば森に囲まれた湖の水際とか、山あいの静かな川とか。デイトリップを何度かやって、次に週末のオーバーナイトに挑戦。ビギナー時代はなにかと危なっかしいから、いざというとき手を借りられるのは心強い。1週間以上のッーリングをする自信がついたら、行き先を決める。また、いきなりバックカントリーというのではなく、少しは人のいるところで始めるのも一案だ。

強風でフネが思うように進んでくれないとか、雨で足止めをくうこともあるからオフの日は初めからプランに入れておくこと。その地域にギア一式をレンタルできる施設などがないか調べ、地図をにらんでルートを検分する。バドリングとオフを隔日で予定して、オフの日にはハイキングをしたり、脇の支流を探検に行ったりする。嵐に遭って何日間かテントに閉じ込められても、そのあと数日つめて遭げば、ロスは取り戻せるのだ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山のゴミ問題-持ち帰りは今や常識です

・ゴミは持ち帰るべし 現在では、ゴミの持ち帰りは常識になっています。山に限らず、きれいな方が気持ちはいいに決まっているから、登山者も学習してきたということでしようか。昔々、日本の山はゴミだらけでしたが …

no image

家族のイベントに参加しにくくなってくる年齢

子どもが、テイーンになっても喜んで家族トリップに参加するようなら、それは感涙もののできごとだ。だからこそ、彼らが退屈しないような計画を立てたい(もちろん、ほかのメンバーの許容範囲内で)。どんどん新しい …

no image

ガイドブックをよく読んでその案内に従ってプランを作り上げる

・ガイドブックをよく読むべし たいていの人が、ガイドブックをパラパラとめくって、花がきれいだの、展望がいいだのという惹句に後押しされて、登るべき山を決めると、それで安心して本を閉じてしまう。ガイドブッ …

no image

自然での遊びでは細かなアイテムでも遊べる

自然は楽しいモノ、興味をそそるモノであふれている。けれど、それだけでは足りないこともある。プラスチックの立体パズルも楽しい。クレヨン、色鉛筆、紙、シール、ハサミがあれば図画工作も可能だ。アセテートのよ …

no image

登攀技術の習得は読書や一度や二度の講習会で習得は難しい

余裕のある山行では快適さを優先してもそれは個人の自由ですので構わないと思います。個々のノウハウを書く余裕がありませんが、いくつかの原則があります。ひとつは素早くできるようにするということです。たとえば …