雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

カヌーで赤ちゃんを乗せるのは難しい

投稿日:

カヌーで赤ちゃんを乗せるのは難しい。
カヌーにはカヌーなりの不便もあって、小さな子どもにはイライラしてしまうこともある。そういうわけで、ルイストン家のカヌーは5時間以内のデイトリップどまりで、子ども達がポーテージを手伝える年までツーリングを見合わせた。4~5歳になってから始めてみると、子ども達の準備ができていたのがわかったという。子どもが3歳になるまでは、大人が2人いても、動力としてはソロも同然だ。

シーンは変わるし適度な揺れもあって、カヌーを喜ぶ赤ちゃんは多い。直射日光や水面のギラっきを、なんとか目に入らないように工夫してあげよう。そうすればお昼寝だって0Kだ。カヌーがどうしても気に入らない赤ちゃんもいる。数カ月してもう一度トライしてみよう。ニューマン家のパパとママは、カヌーをロッキングチェアを揺らして、赤ちゃんがお昼寝しやすいようにするそうだ。どれぐらい揺らせばひっくり返るのか、わざと沈して試しておくのもいいかもしれない。

ひとりでしっかり座れるようになっていれば

大きくなって、前とは違うように感じることもあるし、ひとりでしっかり座れるようになっていれば、赤ちゃん本人にとってもラクさが違う。母の日の行楽には絶好のお天気で、真上からかんかん照りつける陽射しを避けて、私達は午後遅く出遭。赤ちゃんはスターンの私にべッタリくっついて、私の膝の間に立っているか、足元に座っているかだ。

1歳の赤ちゃんを1人にはしておけないから、ポーテージも当然私か息子が1人でやった、とある親子。スターンのパドラーは、操艇という大事な仕事があるので、小さな子どもを構っていられない。川を下っていて、とっさの判断が要求されるときに、気が散ってしかたがない。バドリングも、腕を自分の頭より高く上げて、赤ちゃんにぶつからないようにしなければならず、それでも何度かぶっけてしまってはぐずられた。彼はご機嫌斜めだし、私はといえば岸から張り出した枝や岩を避けるのに懸命で、目を自黒させていた。子守と操艇を同時にこなすのは無理なようだ、と母は語った。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

登山の記録係はリーダーだけがつけるのではなく一人一人がつける

記録は記録係やリーダーだけがつけるのではなく、一人一人がつけたいものです。登山記録のものさし休憩の時にきちんと記録をとる人を見かけます。とてもよい習慣だと思います。時間だけではありません。雷鳥がいた。 …

no image

高山植物は山を特徴づけている

森には、寒冷な気候に適応した針葉樹林、冷涼な気候に適応した落葉樹林、温暖な気候に適応した照葉樹林などがある。生物分布帯ができ上がる理由は、主に気温と雨量によって影響を強く受ける植物が生育しているから。 …

no image

アウトドアにお父さんと子供で出かけよう

もし、家族と自分たちだけの「秘密の森」でキャンプしたら、それはまさに「大草原の小さな家」となる。そこであなたは、水や火のありがたさ、ナイフ一本の大切さを知るでしょう。それこそ、都市生活では忘れてしまっ …

no image

10代の子供との遊び-今度は親が譲歩する番

10代の子供との遊び-今度は親が譲歩する番。 10代は毎日体も心も新調して、日々強くしなやかになっていく。ただ親にくっついて言われるがままに遊んでいた時代は終わったのだ。少年達がそう誇りに感じることが …

no image

天体観測初心者は双眼鏡がおすすめ-場所は車から

降るような星の下にやってきた、としよう。車を止めて、双眼鏡やシートを引っぱりし、安全な場所を確保したら、すべてのライトを消してしまう。そして、じっと待つ。人間の眼は、暗闇に慣れるまで、そのくらいはかか …