雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

感情を抑えるようにして調教する

投稿日:

訓練のあいだの命令と要求は一貫していなくてはいけない。利口な犬は命令の仕方が変わると課題が変わったと思い、解決しなくてはと考え、注意を引き、ほめてもらうために解答をひねり出そうとやっきになる。犬をかわいがるとき、頭をなでたり一緒に遊んでやる前に、まずは来いと座れをさせる。犬は人間が発する声や合図に反応すれば確実に報償に結びつくこと、日常的な環境の中で可能性と関連づけて何かを得るより確率が高いことを悟ってゆく。

ゲームの楽しさをそこなわないように、原則は貫くこと。あからさまな怒りを犬にぶつけてはいけない。犬はたちまちそれを察知して、攻撃対防御の反応に出る可能性もある。そうはしない場合でも、犬は主人の怒りを忘れず、その記憶が主人に対する愛情を薄れさせることがある。感情は抑えること利口な犬ほど主人の気持ちの変化に敏感である。そのため、頭のいい犬を扱うときは、こちらの感情は意識して抑えることが大切になる。

傷を心なくさらに深める行為は避けるようにしたい

長い垂れ耳の犬を訓練する場合、橋正のあいだに耳が引き綱や首輪にからまったりしないように。行動を橋正しながら犬を決して肉体的に傷つけてはいけない。橋正そのもので犬は充分傷つくのだから、その傷を心なくさらに深める行為は避けるようにしたい。犬型の犬の扱いに手こずっても、常に一貫した態度でこちらの主張をはっきりさせること。

また、逆にドーべルマン・ピンシャー、ジャーマン・シェパード、ロットワイラー、プードルなどの利口な犬たちはこちらの恐怖を怒りと受け取り、頭が良くて犬型なので、それを自分にとって有利なように展開させる。これらの犬の前では決して怖がってはいけない。頑固になり、決して言うことを聞かず、優位をめぐって挑戦までしかけるようになる。厳しく、しかし悪態はつかずに、すべての命令を実行させる。問題を避けるには、子犬のあいだに伏せと休めの命令を教えておくと良い。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

聖パトリックの一生は犬と縁が深い

聖女マルガレーテを描いた絵には、昔からきまって彼女のスカートの端をくわえる犬や、鎖につながれて彼女のかたわらにいる犬が描かれている。また、犬が聖者や賢者の徳の高さを敏感に察知する例も記されている。のち …

no image

犬が歯をむき出しにしてうなりだしたら危険

見知らぬ人の訪問や、ほかの動物と出会ったときなどに、犬は怒る(威藤する)ことがあります。それは、自分の身の危険を感じたり、テリトリーが侵されそうだと思うからです。この場合、いつでも攻撃できるように身を …

no image

天才として有名になるか愚か者として無名に終わるかの分かれ目

天才として有名になるか愚か者として無名に終わるかの分かれ目は、どこにあるのだろうか。その答えは知能の性質に関わっている。さまざまな知能は、ふたつに分けられる。さまざまな知能の構成要素は、結晶性知能、と …

no image

キツネに従順さを求め続けたある実験

わずか二〇世代の交配で、科学者たちは家畜化されたおとなしいキツネを作りあげることができた。この交配実験からいくつか驚くべき結果が生まれた。彼らは人間から逃げようとはせず、逆にふれあいを求め始めた。その …

no image

戦争中に犬に爆弾を背負わせた悲しい歴史

第一次世界大戦の時代に、犬が戦場に出た。フランス軍はとくに犬の鋭い聴覚を活用した。歩哨犬を前線のあちこちに配置したが、たいてい三〇メートルほど距離を離した二頭を一組にして使った。ドイツ軍は警備と歩哨の …