雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

感情を抑えるようにして調教する

投稿日:

訓練のあいだの命令と要求は一貫していなくてはいけない。利口な犬は命令の仕方が変わると課題が変わったと思い、解決しなくてはと考え、注意を引き、ほめてもらうために解答をひねり出そうとやっきになる。犬をかわいがるとき、頭をなでたり一緒に遊んでやる前に、まずは来いと座れをさせる。犬は人間が発する声や合図に反応すれば確実に報償に結びつくこと、日常的な環境の中で可能性と関連づけて何かを得るより確率が高いことを悟ってゆく。

ゲームの楽しさをそこなわないように、原則は貫くこと。あからさまな怒りを犬にぶつけてはいけない。犬はたちまちそれを察知して、攻撃対防御の反応に出る可能性もある。そうはしない場合でも、犬は主人の怒りを忘れず、その記憶が主人に対する愛情を薄れさせることがある。感情は抑えること利口な犬ほど主人の気持ちの変化に敏感である。そのため、頭のいい犬を扱うときは、こちらの感情は意識して抑えることが大切になる。

傷を心なくさらに深める行為は避けるようにしたい

長い垂れ耳の犬を訓練する場合、橋正のあいだに耳が引き綱や首輪にからまったりしないように。行動を橋正しながら犬を決して肉体的に傷つけてはいけない。橋正そのもので犬は充分傷つくのだから、その傷を心なくさらに深める行為は避けるようにしたい。犬型の犬の扱いに手こずっても、常に一貫した態度でこちらの主張をはっきりさせること。

また、逆にドーべルマン・ピンシャー、ジャーマン・シェパード、ロットワイラー、プードルなどの利口な犬たちはこちらの恐怖を怒りと受け取り、頭が良くて犬型なので、それを自分にとって有利なように展開させる。これらの犬の前では決して怖がってはいけない。頑固になり、決して言うことを聞かず、優位をめぐって挑戦までしかけるようになる。厳しく、しかし悪態はつかずに、すべての命令を実行させる。問題を避けるには、子犬のあいだに伏せと休めの命令を教えておくと良い。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

人間の知能に関しての重要な研究

エール大学の心理学者が、人間の知能に関して重要な研究をおこなった。その論文の中で、彼は人間の順応的知能を分析し、いくつかの構成要素に細別できることを発見した。そこで彼はここで使われている順応的知能、の …

no image

ペットが不可能としか思えない困難を克服してわが家へ

オレゴン動物愛護協会の会長であるE・ホーファー大佐は、ボビーのとほうもない旅について調査をおこなった。不可能としか思えない困難を克服してわが家へ、一家団鍵の輪のなかへもどった動物のとりわけ有名な話に、 …

no image

ハムスターは回し車で運動不足を解消してあげよう

ドワハムは野生の状態では1日に数キロも動き回る活発なハムスター。そんなドワハムを、野原に比べると異常に狭いケージで飼っていると、運動不足からすぐ肥満ハムになってしまいます。ケージのハウスは、通気性や保 …

no image

犬のトイレトレーニングに失敗しないための方法

どのような環境の元で生活させるかによって、犬はトイレをきちんと覚えられるか覚えられないか分かれるところです。犬を迎えたその日から始まるのが、トイレの問題です。やや大きめのケージを利用してもサークルと同 …

no image

犬に遊びで吠えさせることなどをする

ノーベル賞受賞者で、動物心理学の権威であるコンラート・ローレンッは、動物は遊びを通して生物ではないものと社会的対象、その両方への対処の仕方を学ぶと語っている。彼は、遊びは犬に新たな独創的行動を必要とす …