雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

患者とのコミュニケーションのスキルの問題

投稿日:2015年10月9日 更新日:

今のご時勢、一方では医者より学歴の高い患者さんは、とくに都会ではたくさんいるし、インターネットを駆使して相当の知識を持つ患者さんも少なくない。その一方で、学力低下のせいか、かなりわかりやすく説明しないと、ろくに理解できない患者さんや患者家族もいる。

しかし、医者である以上、どちらにもきちんと説明はできないといけない。どちらか片方にしか、しっかりと説明することができないなどということではいけないのである。

必要なのは、患者さんとのコミュニケーション・スキル(これは、手術の前からの関係性をつくることも含む)と、十分な説得力を持つ説明能力のはずだ。ところが、こういうことは意外に医学部に入ってから勉強しないし、医者になってからも教えてもらえない。

今の大学の先生方、とくに教授クラスは、「患者より医者のほうが圧倒的に偉く、力関係も上で、しかも自分のほうがずっとインテリジェンスも高い」と思っている人が多いから、こういう対応が難しい。

どういう形で、トレーニングが可能なのか?民間のように顧客サービスの講習を受けるべきなのか?臨床心理学や精神医学の先生方(大学の精神科の先生方は薬の専門家ばかりで、カウンセリングをろくに勉強していないのが問題なのだが)に頼ればいいのか?少なくとも医者にとって新たな課題が出現したのは確かなようだ。

患者さんを助けるためなら

「患者さんを助けるためなら、どこまで許されるのか」ということを考えるうえでの格好のテーマ。二〇〇六年に宇和島徳洲会病院で、臓器売買による腎移植があったかと思うと、同じ病院で病気の患者から摘出された腎臓を移植していたことも明らかになった。

法に触れる行為であり、医者がそれを勧めると医者まで捕まることになる。ただ、腎臓が悪くて人工透析を受けている多くの患者さんにとっては、臓器を買ってでも移植を受けたいということがあるのも事実だ。

これはマスコミでも大きく取り上げられた問題ではあるが、移植医療であるとか、あるいは医師としての究極の問題である。

宇和島徳洲会病院が世間で注目されるようになったのは、お金を払って他人に臓器を売ってもらい、それによって移植を受ける臓器売買事件が、この病院で起こった。患者さんを助けるためなら、どこまで許されるのか。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医師がお礼の商品券を断固として拒否した本当の理由

今日退院するNさんが、医局に挨拶に来た。皆さんでどうぞと、看護婦たちに菓子折りを渡し、担当医のWにも礼を言って、封筒を渡している。ところが彼はこれを断固として受け取らない。どこの職場でも同じで、正直な …

no image

医師過剰時代-大学病院の勤務医も町医者もあふれんばかり-用語集

・医は算術 最近は、医は算術と言い換えられてしまい、金儲け主義の医者が増えてきた。そうなった理由は、大昔の医者はあまり儲からなかったので、世のため人のために医者になる人が多かかったが、最近の医者はまあ …

no image

インフルエンザ ワクチン株の選定

インフルエンザワクチンを作る場合、各ワクチンメー力ーが、選定されたワクチン推奨株のその種ウイルスを増やし、ワクチンの原料を作ります。 ウイルスをバラバラにして、生成したウイルス粒子をエーテル処理して、 …

no image

これはいい!勤務環境充実の病院求人が見つかるサイト

職場の環境の良し悪しは、毎日仕事をする医師にとって非常に大事なことです。転職をする際、いくら給料の良い職場に入職できたとしても、職場の環境が悪ければ、すぐに嫌になってしまいます。 近年、女医さんの数が …

no image

血圧の標準値にあるいろいろな見方や判断材料

血圧の標準値にはいろいろな見方があります。現在の標準値は一四〇/九〇ということになっていますが、これは一九七〇年代には、世界保健横構が最高血圧一六〇以上、最低血圧九五以上が高血圧と規定していました。 …