関西はなぜ薄味なのか?その理由は戦国時代にさかのぼる

公開日: : 最終更新日:2018/06/19 雑学

関西はなぜ薄味なのか?その理由は戦国時代にさかのぼる

一般に日本料理は、関西は薄口醤油を使った薄味、関東は濃口警油を使った濃味といわれるが、これはどうしてか?関西はなぜ薄味なのか?

ひとつは、水の質が違うからという説。関西の水は硬度が低く、昆布のダシをとるのに適している。昆布の香りはデリケートだから、濃口醤油を使ってしまっては、台無しになる。そこで、薄口警油が使われるようになり、自然に薄味になった。また、関東の水は硬度が高く、カツオのダシがとりやすい。ただ、カツオのダシは、どうしても濃くなるため、それに見合うよう濃口醤油を使わないと、カツオ臭くなってしまう。だから、関東の料理は濃い醤油味になった。

あと、かつて、まことしやかにいわれたのが、関東人=田舎者=塩気を好む説である。戦国時代、関西は、雅びやかな知的階級の人間が文化をリードしていたため、その食事も上品な薄味になった。しかし、関東は田舎だった。田舎者の仕事は、農業などの肉体労働が主。肉体労働で汗を流せば、どうしても塩分の多い食事が食べたくなる。だから、関東では濃い醤油味の料理が一般的になったというわけである。

関西のうどんやそばのダシは透明

関西のうどんやそばのダシは透明

関西人が薄味なのは有名ですよね。おかずでもなんでも比較的味は薄めです。関西のうどんやそばのダシは透明、関東は真っ黒といのはもう有名ですよね。

関西は薄味で関東は濃い味というのは、最近ではかなりメジャーになってきた話かと思います。

京に出てきた織田信長が、料理の味が薄いのに激怒したのを見て、京の料理人達が「田舎もの」と陰で嘲笑していたという逸話も残っているんだそうです。

関東の醤油のコクや香り、砂糖の甘さなどを活かした味付けに比べて、薄口醤油や塩などを基調に、出汁や素材の味を活かした味付けをする物を薄味と呼びます。

モダン焼きのルーツ

モダン焼きのルーツ

モダン焼きは、名前のとおり現代的な食べ物で、登場したのは40年ほど前のことだ。それを調べあげたのは、関西の某テレビ局。お好み焼きに麺をプラスすると、モダン焼きになるが、ある番組で、モダン焼き特集を組んだとき、番組担当者が、阪神圏の老舗お好み焼き屋にローラー作戦をかけて、モダン焼きのルーツを探した。

すると、終戦後まもなくはじめたと元祖を名乗る店は数軒あったが、いずれも、お客さんの要望があればつくった程度で、定番メニューにしていたわけではなかった。

結局、モダン焼きがちゃんとメニューに載った記録としては、大阪お好み焼きのぼてちゅう総本家の一九七二年作成のメニューが、最古の記録のようだ。つまり、ぼてちゅう総本家が全国に支店を増やすにつれ、モダン焼きも全国に普及したといえそうだ。

厚切りトーストを日本人が好きな理由

厚切りトーストを日本人が好きな理由

パン作り教室やケーキ作り教室などを開いているケーキハウスの代表はこう言う。食パンの主原料である小麦粉は最強力粉を使っており、日本だけで作られるパンです。

最強力粉は粘りを出すタンパク質のグルテンが多く、水分を多く吸い込むのが特徴。ちなみにケーキ作りには薄力粉、フランスパンやピザには中力粉、あんパンや菓子パンには強力粉が用いられます。薄力粉はグルテンの含有量が一番少なく、中力、強力、最強力になるにつれグルテンの含有量が増えます。最強力粉は粘り度が最高で、ボリュームが出るので食パン向きです保水力が高い食パンを厚さ4センチほどに切り、トーストにすると、最もうまいと感じられるとか。

ところで、近ごろ、コーヒーショップなどのトーストはやたら分厚い。たしかに厚切りの方がうまいが、何か秘密があるのだろうか?トーストにされる長方形の食パン(形はメーカーにより多少違うが、重さ340グラム以上と定められている)は日本独自のものだという。

食パンの名前の由来は主食のパン

もともと、食パンの名前の由来は主食のパン。日本人にとってはご飯代わりというわけで、だから厚切りのむっちり感が必要だったのだ。家庭でうまいトーストを作るコツは、まずオーブントースターを3分ほど温めた後、厚切りパンを入れること。4〜5分焼くと、むっちり感としっとり感のあるトーストが出来上がる。これは日本人なら誰でも美味しいと思うはずだろう。

パン作り教室やケーキ作り教室などを開いているケーキハウスの代表は、ほどよいむっちり感としっとり感が出ます。ただし、このむっちり感としっとり感を好むのは日本人だけ。同じ厚切りトーストを食べても、欧米人はそんなにうまいと感じません。彼らはカリカリに焼いた薄めのトーストをうまいと感じますと言っている。

だから、厚切りのパンは日本独自ということになるが、日本人には、厚切りのむっちりとしたパンがよく合うようだ。

スポンサーリンク

関連記事

豚に真珠は聖書の言葉だった

「猫に小判」と並べてよく使用される「豚に真珠」という「ことわざ」がある。値打ちが分からないも

記事を読む

イルカの生態

マグロの速度は100キロ!?何故あんなに速く泳げるのか?

マグロの速度は100キロと言われていますが、何故あんなに速く泳げるのか?海の中には、フグ、エ

記事を読む

「ウォーキング」を生活に取り入れている人は

横綱の名は綱にルーツがあった

横綱の名は綱にルーツがあった。日本の国技とされる競技・大相撲。日本で昔から伝わる伝統競技であ

記事を読む

日本人が水割りが好きな理由

九十九里浜ってほんとうに九九里あるの?

九十九里浜ってほんとうに九九里あるのか 九十九里浜ってほんとうに九九里あるのだろうか。九十九里

記事を読む

すべて合わせると一五里程度となるが九十九里はない

海の色が色々な色に見える理由

海の色が色々な色に見える理由はご存知だろうか。我々が海が好きなのも、海の青さが心をやすらかに

記事を読む

アンネの日記は

チャイコフスキーに援助した謎の女性の存在

チャイコフスキーはロシアを代表する作曲家の一人だ。もともと音楽一家出身というわけではなく、ウ

記事を読む

すべて合わせると一五里程度となるが九十九里はない

一番風呂は体に悪いというのは本当か?

一番風呂は体に悪いというのは本当か?かって家族制度のもとでは、家の中ではお風呂に入る順がきち

記事を読む

気象庁の長期天気予報の予測はどうやって行っているのか?

気象庁が発表している長期予報というものをご存知だろうか?現在、気象庁が発表している長期予報は

記事を読む

シロクエヒマウリなど種類によっては

妖怪河童は昔は水の神様として崇められていた

妖怪河童は昔は水の神様として崇められていた 妖怪河童は昔は水の神様として崇められていたようであ

記事を読む

田舎のほうはドコモの電波塔の数が多い

日本三景とはそもそも誰が決めたの?

日本三景とはそもそも誰が決めたのか?日本三景とは、日本を代表する美しい三つの景勝地のことだ。

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小便器に氷が詰められているのは何故?

居酒屋やホテルなどの男子トイレで小便用の便器に氷がギッシリ入っ

理容院は明治維新の頃に横浜で生まれた
スケベの語源-江戸の町人、助平さんに由来

世の中には一瞬の出来ごころがもとで、一生どころか、辞書にまでそ

明治時代の1円の価値は
昔の日本語で面白いと思うオシャレでトンチのきいた言葉

昔の日本語で面白いと思うオシャレでトンチのきいた言葉がある。歴

鳩はなぜ平和の象徴とされているのか?
鳩はなぜ平和の象徴とされているのか?

鳩はなぜ平和の象徴とされているのかご存知だろうか? &n

野球のバッティングと似ていて
プロ野球でグローブで口元を隠して会話する理由や起源

プロ野球でグローブで口元を隠して会話する理由や起源をご存知だろ

女性専用車両は2001年3月に京王線に登場
バイクについている三角のマークの意味って何?

バイクの後ろに貼られている三角のマークって何かご存知だろうか。

男女のマーク-性別記号の正しい由来
男女のマーク-性別記号の正しい由来

今ではすっかりお馴染みとなった♂と♀の男女のマーク(性別記号)

ココアの持つ意外な健康効果とは?
ココアの持つ意外な健康効果とは?

冬になると飲みたくなるココアですが、夏も冷やしたココアを飲むと

→もっと見る

PAGE TOP ↑