雑学

缶コーヒーの微糖ってどのぐらいから?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ココアの持つ意外な健康効果とは?

缶コーヒーの微糖ってどのぐらいから?

缶コーヒーの微糖ってどのぐらいからか?微糖や早挽きといった種類のものにはどんな基準があるのだろうか?どれを買おうか迷ってしまうほどたくさんの種類がある缶コーヒー。

1996年に健康増進法の栄養表示基準制度ができた際、当時のメーカー各社の標準値を調査して決定しました。微糖の割に甘いという声もありますが、それは個人の嗜好の問題ですから。

日本コーヒー飲料協会では、100ミリリットル中7・5グラムをコーヒー飲料等の標準値としている。この標準値を採用している場合の微糖表示は糖類が100ミリリットル中5グラム未満となり、角砂糖2個程度以下の分量になる。これだと、絶対表記の場合とかなりの差が出てしまうが・・。

100ミリリットル中の糖分が、各社が独自に定めた標準値と比べて2・5グラムを下回る場合なら、当社標準品に比較という注意書き付きで微糖のような表現を使用できるのだ。ただし、この場合は消費者の混乱を避けるために日本コーヒー飲料協会が定める標準値を採用するメーカーが多いという。

生豆使用量が5グラム以上ならコーヒー

生豆使用量が5グラム以上ならコーヒー

ちなみにコーヒー飲料等は内容量10りミリリットルあたりの生豆使用量が5グラム以上ならコーヒー、2・5グラム以上5グラム未満ならコーヒー飲料、1グラム以上2・5グラム未満ならコーヒー入り清涼飲料水と呼ばれる。

また、早換きや深煎りなどの表示にはこれといった規定がない。同じ早挽きでも、文字通り換いてすぐのものから、時間以内に抽出すれば早挽きとしているものまで、各メーカーによってまちまちだという。

微糖の表記は国が定める健康増進法の栄養表示基準に基づいていて、大ざっぱに分けて絶対表記と相対表記の2種類がある。絶対表記の場合、飲料中の糖類量が100ミリリットル中2・5グラム以下ならば、メーカーは低い、控えめ、少ない、といった表現を無条件に使用できる。

これは缶コーヒー1本分(190ミリリットル以下)あたり角砂糖1個程度の分量だ。

缶コーヒーの歴史

缶コーヒーの歴史

缶コーヒーの起源は、1958年に外山食品が開発した「ダイヤモンド缶入りコーヒー」という説と、

1965年に島根県浜田市の三浦義武によって開発された「ミラ・コーヒー」という二つの説があるようです。

1958年  外山食品が最初の缶コーヒーを発売
1969年  UCC 世界初のミルク入り缶コーヒー発売
1970年  大阪万博で缶コーヒー販売
1972年  ポッカ 初の本格缶コーヒー
1973年  ホットorコールド式自動販売機
1975年  コカ・コーラ 「ジョージア」

外山食品という会社から”ダイヤモンド缶入りコーヒー(200g100円)”が発売されていたそうで、これがかろうじて資料が残っている最古の缶コーヒーの様です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加