雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

換気扇の油汚れの掃除方法

投稿日:

換気扇の油汚れは、たまればたまるほど落としにくくなるので、こまめに住居用洗剤やクレンザーで汚れを取りましょう。換気扇は汚れやすいところ。数か月に一度はカバーや羽根を分解して掃除します。長い間分解掃除をしないまま使っていると、油汚れがべっとりとこびり付き、分解がしづらくなります。分解した換気扇の油汚れを取るには、つけおき用の洗剤が便利です。

使い方はシンクをビニールシート(ゴミ袋など)で覆い、そこにお湯をはり、つけおき用洗剤を入れてとかし、その中に換気扇をつけ、そのまま%分ぐらいおきます。その後はスポンジや古歯ブラシて細かいところの汚れを落とします。つけおき用の洗剤のほかに、スプレー式の換気扇用洗剤もあります。油汚れ用の洗剤は、塗装してある部分に使わないようにしましょう。塗装を落としてしまうことがあります。

三角コーナーのぬめりを取る

三角コーナーや排水バスケットのぬめりや嫌なにおいは、水にとかした塩素系の漂白剤につけ置きすると、すっきり取ることができます。

・キッチン・流しの下も手を抜かない

掃除機である程度ゴミなどを吸い取った後、台所用洗剤を付けた布で汚れを取り、湯ぶきします。排水管のある流しの下の掃除は、中の物をすべて出して行います。箱やトレー、整理用のパイプ棚などを使うと、取り出しも簡単です。最後にエタノールでふいて殺菌・消臭します。掃除後しばらく扉を開けたままにして乾燥させます。

・流しに塩分は大敵

しょうゆや酢など、塩分や酸の含まれているものはサビの原因になるので、流しに付いたらすぐに洗い流しましょう。また、サビやすいカンなどを流しに置いたままにしないように。

・流し

カビ取り剤が残っていると、ステンレスのサビの原因になります。ステンレス製の流しやワークトップの手入れは、住居用洗剤でふき、水気を取っておけば十分です。水満が残らないように注意します。もしサビが出たら、ステンレス用のクリームクレンザーて落とします。流しと壁の間に埋められているシリコン系目地のカビは、塩素系カピ取り剤で取ることができます。カビ取り剤を使った後はきれいに洗い流すよう注意しましょう。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

いらないショッピングバッグは捨てるようにしよう

ショッピングバッグをもっていることが買い物した証拠にもなって、ステータスだったりする。ブランドショップや高級ブティックでくれる紙袋は、カラーコートの上質紙であるうえ、デザインもしゃれていて、ショッピン …

no image

その本を読む場所に収納するというワザ

・その本を読む場所に収納する 本は本棚という固定概念を捨てて、用途に合わせてさまざまな場所に収納すれば、捨てずにすむ場合がある。本棚が必要なものだけで一杯になってしまった場合、はみ出す分は捨てるしかな …

no image

いらないシーツを掃除に使うというアイデア

・いらないシーツは掃除に使う 役に立つのは、年末の大掃除のときの使い捨て用くらいのもの。古くなったシーツは、切ってぞうきんに使うという人も多いが、日常のぞうきんがけには不向きな布地。それよりも、シーツ …

no image

快適な暮らしがどんなものかは人それぞれで違いますが

快適な暮らしがどんなものかは、人それぞれで違います。でも、多くの女性は共通して、掃除、洗濯、食事の用意、と、家事に追われる忙しい毎日をすごしています。暮らしとは、人生をともにするモノたちを、整理・整頓 …

no image

紙袋を活用するアイデア

・紙袋はサイズと種類別に分類 ブランド物の買い物などをした時の紙袋は使える。こういった紙袋は、保存しておくと便利なので残しておこう。ブランド物などの捨てるにはもったいない袋や包装紙は、サイズや種類別に …