雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

換気扇の油汚れの掃除方法

投稿日:

換気扇の油汚れは、たまればたまるほど落としにくくなるので、こまめに住居用洗剤やクレンザーで汚れを取りましょう。換気扇は汚れやすいところ。数か月に一度はカバーや羽根を分解して掃除します。長い間分解掃除をしないまま使っていると、油汚れがべっとりとこびり付き、分解がしづらくなります。分解した換気扇の油汚れを取るには、つけおき用の洗剤が便利です。

使い方はシンクをビニールシート(ゴミ袋など)で覆い、そこにお湯をはり、つけおき用洗剤を入れてとかし、その中に換気扇をつけ、そのまま%分ぐらいおきます。その後はスポンジや古歯ブラシて細かいところの汚れを落とします。つけおき用の洗剤のほかに、スプレー式の換気扇用洗剤もあります。油汚れ用の洗剤は、塗装してある部分に使わないようにしましょう。塗装を落としてしまうことがあります。

三角コーナーのぬめりを取る

三角コーナーや排水バスケットのぬめりや嫌なにおいは、水にとかした塩素系の漂白剤につけ置きすると、すっきり取ることができます。

・キッチン・流しの下も手を抜かない

掃除機である程度ゴミなどを吸い取った後、台所用洗剤を付けた布で汚れを取り、湯ぶきします。排水管のある流しの下の掃除は、中の物をすべて出して行います。箱やトレー、整理用のパイプ棚などを使うと、取り出しも簡単です。最後にエタノールでふいて殺菌・消臭します。掃除後しばらく扉を開けたままにして乾燥させます。

・流しに塩分は大敵

しょうゆや酢など、塩分や酸の含まれているものはサビの原因になるので、流しに付いたらすぐに洗い流しましょう。また、サビやすいカンなどを流しに置いたままにしないように。

・流し

カビ取り剤が残っていると、ステンレスのサビの原因になります。ステンレス製の流しやワークトップの手入れは、住居用洗剤でふき、水気を取っておけば十分です。水満が残らないように注意します。もしサビが出たら、ステンレス用のクリームクレンザーて落とします。流しと壁の間に埋められているシリコン系目地のカビは、塩素系カピ取り剤で取ることができます。カビ取り剤を使った後はきれいに洗い流すよう注意しましょう。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

領収書を上手に整理する方法

・領収書を上手に整理する方法 財布のなかに入れたままとか、手帳にはさんでおいたりすると、なくしてしまったりうっかり請求しそこねたりする。出張のときは、帰ってから経費を精算するのに必要だから、もちろん領 …

no image

シャワーヘッドやホースの交換方法

へッドやホースが傷んだときは、新しいものに取り替えます。ネジが合わないときは、別売りまたは付属のアダプターを間に入れて取り付けます。取り付けときは金具を傷付けないよう、布を当ててプライャーを使うなど注 …

no image

流行遅れのアクセサリーさっさと処分しよう

・流行遅れをとっておくのはダメ クラシックな雰囲気のアクセサリーならいつの時代でも通用するが、流行に左右されるデザインのものはとっておいてもムダなだけ。たくさんもっているアクセサリーのなかからムダなも …

no image

奥行きのある本棚にしまうならここに注意

・奥行きのある本棚にしまうならここに注意 後ろの段を見るために前にある本をすべて取り出すのは面倒なので、結局、死蔵品と同じ状態になってしまう。奥行きのある本棚に前後に2段、ぎっしり本が収納されていると …

no image

包丁まな板の除菌や衛生面などの注意点

菜ばしの収納場所は、調理台の引き出しや、菜ばし立てなどが多いようです。ぬれたまましまうと、傷みが早くなります。水気はよくふき取ってから、しまいましょう。汚れがこびりついていると、コゲや変色を引き起こし …