雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

感覚にたよりすぎれば

投稿日:

生きがいということを感覚的にとらえて、生きがいの感じにとらわれてしまうことは、迷妄を含んでいる。感覚にたよりすぎれば、どうしても評価や産物によって生きがいを感じたり失望したりしてしまう。愛するときに、報酬によってかいが違ってきてしまうのと同じ。

瞬間瞬間の過程が大事で、それが結果として成功したか失敗したかは二の次なのに、私たちはどうしても結果にとらわれてしまう。いわんやその結果や産物の、他人や世の標準と比べての大小などは、その人の能力や特性によって当然違ってきてしまうのに、やはりそれにとらわれてしまいます。効率のよい機械を与えられた者が効率のよい仕事をして自己実現的満足感に浸ってしまうのです。

こうした迷妄は避けることのできないものであり、私たちは迷妄から抜けきることなど、おそらくありえないでしょう。現実の社会生活の中では、迷妄を含んだ生きがいの感覚にたよらないではいられないし、評価や比較をせずにはいられない。結果や産物によって働きがいを感じ、恋愛や狭い家族愛、同朋愛によって愛するのです。

自己超越も規範ではない

自己実現とか自己超越がこころを問題にしているので、これが理念として押しつけられる感じになったら、それこそきゅうくつでやりきれなくなってしまうだろう。

閉ざされた集団主義や個人主義を経てこそ開かれた人間愛に行けるということと同じ、やむをえない宿命なのだと思います。私たちの現実の自己実現の道は、つねに不純であり、迷妄を含んでいる。不純ながらに、そこにやはり筋がとおっているのが現実の自己実現であって、純粋なものでなければならないと思うのは、これまた人間の弱さと現実を知らない迷妄だといえます。

そもそも私たちは、行動を規定したり、意志的に変容することはできても、こころはありのままでしかないのですから、このような心であれといわれてもどうしようもないのです。そこをはきちがえて「共同存在意識をもて」とか自分にこだわってはいけない」という強制が自他の心に対してなされてしまうならば、人間は再び自己欺噛の衣を着ざるをえないでしょう。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

恋の書論は主体的、人間的提示をした

恋の書論は、フロイトの自然科学的モデルに対して、より主体的、人間的提示をしました。このこころの本質は、簡単に理論的には把握しえない。だから科学としては、心の本質ではなく、その心がどういう条件の中で、ど …

no image

ハタネズミの生態と求愛行動

ハタネズミは一雌一雄関係を築き、一緒に子育てする動物だ。オスは思春期を過ぎるとすぐに親もとを離れ、「結婚相手」をさがす。適当な花嫁候補が見つかると、熱心に求愛行動を開始する。くんくんとにおいを嗅いだり …

no image

愛と憎しみはどこでつながっているのか

バーバラは装置の台から飛び降りる、ドアから飛びだし、そのまま真っすぐ建物から出て行ってしまった。わたしが話す時間もなければ、実験に参加してくれた謝礼の五ドルをわたす暇もなかった。 愛と憎しみはどこでつ …

no image

脳の原始的なネットワーク

アメリカ建国の父ジョージ・ワシントンが語った「燃えやすいもの」とは(少なくともその一部は尾状核を引っかきまわすドーパミンと、脳の報酬システム「恋に落ちた者にとって、相手の獲得こそが生涯でもっとも価値あ …

no image

鋭敏な嗅覚よりも鋭い視覚が必要だった

わたしたちの祖先である霊長類は、少なくとも三万年前には樹上の生活を送っていた。地面に落ちてしまわないため、そして熟した果実を見わけるため、彼らには鋭敏な嗅覚よりも、鋭い視覚が必要だった。その結果、サル …