雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

看護師が意地悪をしたくなるとき-医療現場で起こる出来事

投稿日:2014年11月24日 更新日:

看護師の中には、オールドミスであることのひがみばかりが強い看護師もいるようだが、これが手に負えない。何で医者であるオレが、看護師にいちいち指示されなきゃならないんだなんて文句をいう人間がいる。看護師は逆立ちしたって、ダメな医者にもなれない。だいたい、てきばき診療できれば、いくら嫌味な看護師でも口は出さないのだ。そういうのが研修医の診療に、聞かれもしないのに口を出す。しかしそこで逆らってはダメなのだ。

何で看護師に教わらなきゃならないんだと思うなら、自分でちゃんとできるように普段から研鑽を積んでいればいい。そうでないから、ダメな診断や治療ミスをしてしまうようだ。看護師自身は治療方針を決められないにしても、十数年医療現場で生きてきているから、それなりに医者の技量を見分けられる。だから口を出す。反発された看護師のほうは、可愛くないわね、という感じで、いびるきっかけを与えてしまうことになる。それに、いっさい教えてくれなくなるという。

手術のアシスタントにつけばついたで、医師が指示を出すまで何もしない。アシスタントにつくくらいの看護師は次の処置を予想できて、ちゃんと器具を用意しているものなのに。それをしないで、医師が間違った指示をしないかと待っている。わざと診断がついて病名のわかっている患者の心電図を持ってきて聞いてくる。

先生、この患者の病気は何かしらという具合に。誤診をすると、あの人、〇〇(病名)の診断がちゃんとできないのよ。ダメな先生といいふらす。意地の悪い看護師になると、違うことをいってミスさせたりするらしい。あげくの果てに、あの先生は何も知らない。わたしたちに聞いてばかりと医局長に告げ口した時するようである。

医局長に告げ口

その意地悪看護師は若い医者と看護師の仲が怪しいと、しつこいくらいにかぎまわって医局長に告げ口し、若い、美人の看護師が入ってくれば徹底的にイジメたりと評判が悪い。ついに我慢できなくなった若い医者と看護師たちが医局長に抗議した。すると医局長は、いやぁ、あの人はつきあっていた医者にフラれてね。昔の話だけど。それ以来ああなんだ、と。

世間のOLと違って、勤務時間後にデートできるチャンスというのは極めて限られる。看護師は仕事が忙しい上、日勤、夜勤、準夜勤と勤務時間が無茶苦茶。だからなのか、婚期を逃してしまう人も少なくないという。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

いい外科医を見つけるための具体的な方法

その他の科目の医者も生命を救済するという意味ではまったく同じなのですが、むずかしい手術を成功させた瞬間の外科医はまさにヒーロー・ヒロインのイメージにピッタリなのでしょう。医者の花形は、昔からなんといっ …

no image

医者は患者を触る指で相手を覚えるという

医者は患者を触る指で相手を覚えるという。顔を思い出せすともふたりの関係は指が知ってる。 ここは婦人科では首都圏でも有名なある総合病院。ここの院長Kは、とくに名医と評判である。彼は患者を奥さまと優しく呼 …

no image

派手な看護師の意外な一面-しっかりと仕切ってくれる姉御肌

後輩ナースの面倒見もよくて、そんなオトコは甲斐性なし。ダメよ早く別れなよ。その彼は大事にしな。気持ちの大きなオトコがいちばんだから。なんて、きっぱりとアドバイスしてくれる姉御という感じです。大部屋の患 …

no image

PTSDやフラッシュバックの克服

フラッシュバックは傷を負った直後にだけ起こるものではない。何か月、ひどいときは何年も、悪夢の再現が続く。PTSDの場合は、そう簡単にはいかない。忘れたくても忘れられない。 何年も経ってから不意に起こり …

no image

医師になるための条件が欠如している今の若者の傾向

人を愛し、救おうとする医学の道に、人間嫌いの学生が入ってきたらどうなるか。医者は科学者であり、人体のメカニズムや病気のメカニズムをシステマチックに研究し、捉えなければならない。一方で、相手は人間であり …