雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

看護婦長さんがずっとナースステーションにいる日はつらい

投稿日:2014年11月12日 更新日:

病棟では、婦長さんがずっとナースステーションにいる日には、どことなく緊張感のある空気が流れます。婦長さん不在のときにはほかのナースがのびのびしている様子です。こんな違いを感じてみるのも、おもしろいものです。退屈ぎみな入院生活の楽しみの一つになるかもしれません。

婦長さんというのは、看護婦の管理職です。見た目の特徴としては、たいてい姿勢がよくて胴まわりに肉付きがよい、でも脚だけは引き締まって細い。イタリアの中年婦人のような体型です。顔はキリリとしているけれど、どこか親しみやすい優しさが感じられるのは、長年、患者さんと接してきたためでしょうか。病院によってですが、ナースキャップに特別に紺色のラインが入っていたりする人です。

若いナースからは、〇〇婦長さんってカッコイイ。私もいつかはあんな婦長になりたいなぁ、なんて目標であったり、あこがれであったりするようです。ときにはプライベートな相談にまで、親身になってのってくれる頼れる人生の先輩なのです。看護の能力とともに、人材を管理するのに必要な人望も、備わっています。

婦長さんは他のナースの上司に当たります

婦長さんは他のナースの上司に当たります。会社でいえば、課長か部長といったところです。でも、一日中ナースステーションをウロウロされては、迷惑らしいです。ここまで書くと、ときには開放されたい気持ちも予想できるでしょう。

活発な婦長さんは、院内の会議や打ち合わせ、その他、研修会や学会に積極的に出席したり、現場を離れる機会がたくさんあります。婦長さんって、いないのも不安だけど、いつもいられると邪魔なのよねぇ。まぁ、忙しくて出歩いていると助かるわねぇ。という意見が多いようです。ですから、多忙で達者で留守を望まれているのです。

こういった様子は、通院している人には分かりにくいかもしれませんが、入院している人であれば、その変化が何となく分かるかもしれません。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

心臓マッサージとは?止まって動かなくなったから動かす-用語集

・スクリーニング(screening) たとえば、入院すると、その病気と直接に関係があってもなくても、血液検査で肝臓・腎臓・貧血・糖尿などを調べるが、これをスクリーニングという。スクリーニングというの …

no image

男性が結婚難と言われる時代だが原因は本人にあるかも

最近、男性は結婚難の時代だそうです。私も含めて、女性も結婚ですけれど、なかなか需要と供給がマッチしないようです。人間的には男であっても、オトコではないのです。いいトシの課長に両親がついてくる。 診察室 …

no image

理想の医師とそうでない人-分かりやすい例を挙げて善し悪しを紹介

横柄で傲慢でイバってばかりいる医者は、本当に良い医者とはいえない。聞かれもしないのに手術は99%成功しますなどと自分から言い出すような医者は、ちょっと考えものだ。たしかに、外科医としての腕前は良いだろ …

no image

マインドコントロールとは何か?その例や特徴

マインド・コントロールという言葉がカルトなどと結びつけられることが多い。しかし、以前は自分自身の気持ちを前向きにもっていくことなども、マインド・コントロールと呼ばれていた。 ネガティブな意味で使われる …

no image

医学部受験生としては一つの方向性を考えないといけない

医学部受験生としては、一つの方向性を考えないといけない。医者が少ない地方の受験生によって、地域枠は何といっても有利だ。現時点での地域枠というのは、地域の人もそうでない人も同じ入試問題で選抜をして、地元 …