雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

看護婦が老人からサルと言われた夜

投稿日:2015年4月4日 更新日:

3度の食事が終わっても、ちょっとするとおなかが空いてたまらない。ガマンできずに、階下の売店にノソノソと降りて行ってはパンや菓子を買いあさり、そのたびに看護婦たちに優しくたしなめられてシュンとなっていた。Mじいちゃんは素直で穏やかな性格だが、食べ物に対する執着心は、かなりなものだった。心臓病をわずらい入院中のMじいちゃんは、近ごろ少々ボケ気味である。

そんなじいちゃんが夜中にベッドを抜け出してウロウロするようになったのは、つい最近のことだ。いつも売店へ行こうとするらしいのだが、病棟は真っ暗だし、だいいち売店は開いていない。これも食べ物を求めての行動だろうが、寝ボケているものだから、いつも迷子になってしまい、夜勤の看護婦に付き添われて帰ってくる。

そんな毎日がすぎ、やがて心配していたことが起きた。夜中の病棟を俳個中、じいちゃんは心臓の発作に襲われたのだ。胸を押さえてうつぶせに廊下に倒れているじいちゃんを見つけ、ただちにベッドへ運ぶ。巡回係の知らせを聞いて、ナースセンターからバラバラと看護婦たちが駆け出す。

じいちゃんの四肢をどうにか持ち上げ

看護婦たちはじいちゃんの四肢をどうにか持ち上げ、4人がかりで抱えていった。といってもMじいちゃん、身長170センチ、体重80キロと、こう見えても体格は立派である。心配したMじいちゃんの心臓はさいわい処置が早く、大事に至らなかった。ああ、ありがたや、白衣の天使たち。

翌日、お気に入りの看護婦相手に昨夜見た夢物語を得々と話し出すじいちゃん。白いちゃんちゃんこを着た4匹のサルが、ワシを抱えて誘拐しょうとするんじゃ。おかげでせっかくもらったドラ焼きを喰わずじまいじゃったよ。天使からサルへ、食べ物の恨みとはホント恐ろしいものである。なんだか恩をアダで返された気分。だれが、サルじゃ!と、叫びたくなるのを必死で抑えた看護婦たちだった。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

看護師の現状-退職願を出しても止められない時代となった

あくまでも看護師は医者のもとで、医療補助的役目をするに留まっている。それだけに、医者への不満、自分の立場に対する中途半端な状況にやりきれないものを感じるようになる。そこでいま、看護診断やクリティカル・ …

no image

東京美容外科の美容整形やエイジングケアの評判

東京美容外科では、美容整形やエイジングケア、美肌・美白・シミ・シワ・たるみなどの美容医療が受けられます。 東京美容外科は毎月変わるキャンペーンがかなり安い金額で、人気のプチ整形が安い金額ですることがで …

no image

良い医者の見つけ方-良い例と悪い例をあげて分かりやすく紹介

悪い医者は、やたらと多くの薬を使いたがる。一方、薬を必要最小限にしぼって病気を治すのが、上手な医者である。その場合、良い医者は、薬の必要性をキチンと説明するが、悪い医者は、何も説明しないで、薬をたくさ …

no image

社会不安障害とは?症状や克服方法は?

社会不安障害という病気があるのをご存知だろうか?人は誰でも人前に立つと緊張するものだが、それが異常名状態になってくると、社会不安障害の疑いが出てくる。 社会的活動がままならなくなるのが社会不安障害だ。 …

no image

医療コンサルティングの助けを借りれば最高の転職先が見つかる!

医者が転職先を探す場合、ツテを頼りに探す場合が多いようです。ただ、頼るツテがない場合には、自分の力で探さないといけなくなります。 かたっぱしから病院のホームページを見て募集を書けてないか調べ、求人誌を …