雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

鑑別診断とは-DDxという文字で表される-用語集

投稿日:2014年11月24日 更新日:

・DDx(鑑別診断)

Dxの前のDはディファランシェイティッド、つまり区別されたの意味だ。Dxはカルテ用語で、診断という意味。たとえば、診察によって〇〇病と診断したが、それ以外の病気の可能性もある場合は、カルテにDDX〇〇病と書いておくのだ。

・CTR(心胸比)

胸のレントゲン写真を撮り、心臓の横幅と胸全体の横幅を定規を使って測り、前者を後者で割る。それがもし、50%以上なら心肥大だ。心臓が肥大しているかどうかの指標である。

・do(同上)

処方せんにdoと書いたら薬剤師が困るので、処方せんには薬剤名をキチンと書く。患者に今回出す薬が、前回とまったく同じ場合は、薬の内容をいちいちカルテに書き写すのは面倒なので、カルテには単にdoとだけ記載する。

・div(点滴)

dはドリップ(したたる)のd。コーヒーがしたたり落ちるように静脈内に注射するというのは、実は点滴のことである。ivというのは、イントラ(内)、ビーナス(静脈)、つまり静脈内注射のことだ。

Dx(診断)

・Dx(診断)

たとえば診断は英語でdiagnosisというが、これをカルテにはDxと書く。x自身には特別な意味はなく、単にDの後を省略したことを表す。カルテ用語では、大文字十小文字のxというように略すことがある。

・DS(ドライシロップ)

処方せんには、薬剤名の直後にDSと書かれている。子供の薬は液体状のシロップにすることが多いが、ドライシロップで出すこともある。

・ER(救急室)

日本ではERというコトバがそれほど普及していないので、QQ室と書く医者もいる。テレビでERという番組があるので、知っている人も多いと思うが、ERとは工マージエンシー(救急)ルーム(室)の略である。

・ECG(心電図)

もし心電図の結果に異常がなければ、カルテにWNLと記載する。エレクトロ(電気)、力ーディオ(心臓)、グラム(図)の頭文字を取ったもの英語の語順て翻訳すると電心図になるが、なぜか日本では、心電図と言われている。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医学部受験生としては一つの方向性を考えないといけない

医学部受験生としては、一つの方向性を考えないといけない。医者が少ない地方の受験生によって、地域枠は何といっても有利だ。現時点での地域枠というのは、地域の人もそうでない人も同じ入試問題で選抜をして、地元 …

no image

看護婦が老人からサルと言われた夜

3度の食事が終わっても、ちょっとするとおなかが空いてたまらない。ガマンできずに、階下の売店にノソノソと降りて行ってはパンや菓子を買いあさり、そのたびに看護婦たちに優しくたしなめられてシュンとなっていた …

no image

素人判断をして指示に従わない患者の数が多い

素人判断をして、指示に従わない患者さんは、すごく数が多いようです。不安感が強く会社にも行けないといって心療内科を受診された患者さんですが、こんなケースがよくあります。 お薬は飲まれましたか?安定剤はあ …

no image

化学療法などがんに関する色々な用語集

・エンモヒ ガンの末期になると、非常に痛くてつらいので、それを和らげるために麻薬を使う。何のために病院に麻薬があるのかというと、もちろん、それを売って大儲けするためではない。エンは塩酸、モヒはモルヒネ …

no image

心的外傷後ストレス障害とは?症状や特徴

海外で議論となり有名になったPTSD。PTSDは、心的外傷後ストレス障害と呼ばれ、強いショックを受けることで心に大きな傷ができ、トラウマとなり、精神障害が起こってしまう精神疾患だ。 日本においても、P …